04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

帰宅ー

2017/04/02
なるほど。
基本的に「楽しむ」作品なんだな。

うん。

そして、豊洲はなかなか、、遠いけど
乗り換え減らせば怖くない、、かな(笑)


ゆりかもめは酔うから気を付けよう( ノД`)…が、一番大事!←えっ?
19:42 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

なるほど迷わない

2017/04/02


市場前駅からしっかり建物が見えますね。
そして、周りがとってもスッキリしてるのもよくわかる~(笑)
13:34 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

大変ご無沙汰しております

2017/04/02
「髑髏城の七人・花」本日が私の初日、です。

ので、スマホからつぶやいてみようかな
とか、思ってみてます。

上手くできるだろーか?
←今は自宅🏡
09:11 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

「スリル!~赤の章・黒の章」の楽しみ方

2017/02/09
NHKネットクラブからのお知らせ
ほぼ一月ぶりにメールを開いて気が付いた(^^;

お知らせありがとう!なのである
(本編すら忘れそうになってるんで)

*************

[ 番 組 名 ]  間もなく放送開始!「スリル!~赤の章・黒の章~」の楽しみ方
[チャンネル]  総合
[ 放送日時 ]  2017年2月17日(金)午前1:40~午前1:52 [16日(木)深夜](12分)
[ 番組詳細 ]  スマホからではリンク貼れませんでした。おそらく技術的問題(^^;


ほとんど個人的メモ!
忘れずに録画すること
09:55 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

本屋さんにて

2017/01/15

迷ってまよって迷って…

手にしました。
坂崎空也の物語。

義妹さんが雪に降り込められつつ昨日読み終えたということで
「やっぱり佐伯先生すごいよ」
とのことで…

新年初めて足を踏み入れた本屋さんで。
上下巻があちこちに積み上げてある景色に。

心を動かされてしまいました(^^;


磐音さんがきちんと終わった51巻。その最終ページを閉じた時点で実は、この「居眠り磐音江戸双紙」の世界からは離れるんだろうな、なんて、思っていたのですが(^^;


さて。どんなかな?
まだ手元に読みかけの本があるし、図書館から予約本順番きたよの連絡入ったし、
なにより、新春時代劇「陽炎の辻」を未だに観れてないし←まだかい!?


春かな~ページを開くのは~(笑)


22:40 ***居眠り磐音江戸双紙 | コメント(2) | トラックバック(0)

アナザースカイ

2017/01/14
昨夜のアナザースカイ

今日、某所TLはたくさんの想いが溢れてました


そんな「想い」に同感しつつ
私が今回感じたこと


彼は本当にがっしりと、どっしりと地に足をつけたんだな


NYで、今田さんの前で、
話していた姿から
そんなことをみて、感じていました。

どんっ!と飛んで来ることばの重さがあった。

今まで生きてきたことを見据えて
そしてまた
家族を持ったこと
ひとり、増えたこと
大きな変化であるのですね


益々これからの彼が楽しみです。
>>続きを読む・・・
15:12 山本耕史*TV・ラジオ | コメント(0) | トラックバック(0)

今年もよろしくお願いいたします

2017/01/06



大変ご無沙汰しておりました

昨年は様々なことがありまして
なかなか個人の趣味を楽しむ余裕がなくこの場所もほぼ放置状態になってしまいました

いっそ閉じてしまおうか?
と何度も思ったのですが、それも淋しすぎてできず中途半端なままに…

それでも今年はもう少し
自らの楽しみにエネルギーを向けられるのではないかな?と思い、
まだしばらくはこの状態が続くと思われますが、懲りずに場所をそのまま置こうと決めました。


とにかくまさかの「陽炎の辻 完結編」放送。これだけは語らないと、って思ってます。
と言っても帰省しておりまして、まだキチンと観てないので、書けるのはいつになるのかな?な情けなさ、ですが


そんなこんなで、立ち止まりがち、遅れがちなこの場所ですが、もし気が向かれましたらたまに覗いていたただけると嬉しいです


ゆっくりとどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


ゆきゆき@管理人
14:30 ひとりごと

そういえば

2016/11/19
木曜日

急な帰省から上の子と帰って来て山手線

大森駅(だったかな?)のホームに
どくろ城のおっきなポスターを見つけました。

車内からだし撮影の余裕はなかったけど、ね。


撮ったのはこちら


三成さん
真田の里への新幹線駅にて
14:55 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

はっぴい ばーすでい

2016/10/31
40歳、ですか。
40歳なのですね。

今まで沢山の知らない世界を教えていただき、
これからもきっとまた、知らない世界を見せてくださるのでしょう。


全く気が付かなかったけれど、
先日の朗読のときが30代ラストの姿。
はっきりいって、ホントに40歳なんですか??な、変わらぬ若さをお持ちですが(笑)

40年分の経験は確実に積み重なる。
その先の新たな姿を楽しみにしております。



山本さん
お誕生日おめでとうございますm(__)m
11:21 耕史さんイロイロ | コメント(0) | トラックバック(0)

横浜音祭り2016 青島広志「オーケストラル・バレエ」

2016/10/30


29日
横浜みなとみらいホール 大ホール
15:00開演 マグチケ


このところの山本さんは横浜ですね。
私は通いやすいから助かるんですが。
で、今回などはもしややっこしい所での舞台だと…もしかしてパスしちゃったかもな~←えっ!?

ってくらい、ま、日々へろへろ生きてますが、でもね、これは這ってでも行く価値ありました(^^)
バレエ音楽なんてちゃんと聴くのは初めて。そもそもバレエ作品は観たことないし。そんな私でも、聞きかじって知ってはいる楽曲をこうして生で「バレエ音楽」として楽しむってこういうことかな~なんて勝手に理解したつもりになれて、とても楽しかった!

今回の管弦楽団、シアターオーケストラトーキョーさんはバレエ音楽のみを演奏する唯一の楽団だそうで、始め、何となく…表現力ないんですが普段聴くオーケストラよりもどこか一歩ひいて音楽が届くような感じに聴こえて、おや?なにか不思議、と思ったんです。
で、進むうちになるほど、と思ったのは、バレエ音楽なのだってこと。
ダンサーが全面で踊る。そちらがあくまでも主役。双方向で高めるわけだから、音楽が唯一の主役であるステージとは違うのかな?って。
ど素人の勝手な感覚ですけど。

山本さんがアスリートの魂などのナレーションで見せる語り方とおんなじね。

そして思いの外、管楽器が効いている。
吹奏楽にかなり漬かってきた私にはそれもとても楽しめるし嬉しくて、あー子ども達も連れてくればよかったな~と、思ったのでした。(フルートがこんなに前面にでることも珍しいしトランペットもほんっと綺麗)


そして青島先生の軽快で楽しいトーク。
第一部でのとても分かりやすいそれぞれの作品と音楽の紹介と、客席まで上手く巻き込んで進む進行。
テレビでときたま拝見するそのまんまなオーラで楽しませて下さいました。
思いがけず第一部ラストで登場した山本さんにはかなり暴走気味なトークでしたけど~(笑)
受ける山本さんのタジタジな姿にも苦笑しつつ楽しかった。
…なにしろ青島先生、「山本様」でしたし、ね。呼び方が。。結局最後まで呼び方変わらなかったね。たはは(^^;


朗読と音楽、そしてバレエで綴られた第二部の「白鳥の湖」
始めちょっと(これは後で友人さんたちと話したんですが)マイクの設定?が音楽に合わせてあるのか、エコーがかかりすぎていて山本さんの声が響きすぎ、、
でも進むにつれて(そこはプロ)山本さんも声量をきっと微調整していって作品の世界に溶け込んでいき…
短くまとめられたこの物語の最後。
二人が魂となって天に召されてゆく所では危うく…涙

でした。

いっそ、マイクが無くてもよかったんじゃないかな?
彼のあの揺らぎのある声がちょっとマイクで消されちゃったなぁ

とか生意気なこと思ってたのにラストは涙。


このステージ。
できたらもう数回だけでもあると素敵だったと思います。
きっとね、次はもっとオーケストラと朗読が馴染んで絡み合ってもっともっと響くものに変わると思ったので。
一回じゃもったいなさすぎる!
そんな、時間でした。

幕間に、このコンサートの企画構成をされた新井おう子先生の本を買いました。残念ながら2巻(白鳥の湖収録)は売り切れてたけど、1巻ゲット。売り場に新井先生もいらしてサインも頂きました。


友人はホールに着いたときに青島先生の本を買ってサイン貰ったとのこと。
なんだかいろいろ垣根が低い~
お祭りだからってこともあるのかなぁ?

久しぶりに友人さんたちとも会えて、みんな元気でかわらなくて(^^)


そんな、音楽の外側もとても楽しかったひととき、でした。
08:07 山本耕史*声のお仕事 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »