05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

TVnavi SMILE vol.5 (12日言い訳のような追記…)

2012/09/12
TVnaviSMILEvol.5が、すごく、よい!

いつもの本屋さんで残り2冊でゲット。
あらし、だからかなぁ?
そこだけ積まれた山がすっかり低くなっていて焦りました。


必見な中身。。。
薄桜記。
 
手にして幸せっす。


スマホから。
内容語りはパソコンで追記予定m(_ _)m


と送信してから早3日。
明日はもうttB!の初日っとなれば今夜なんとかしないといけない!

の、ですが…。



ここ数日、何回か書いては消してました。
なんだろうなぁ。

文章から感じる、時代劇を演じる山本耕史という俳優さんの言葉が嬉しすぎてツボすぎて、
何を書いても私ではうわっ滑りな文章にしかならない気がして…。

さすがはTVnaviということでしょうか。

2004年の大河「新選組!」からおそらくずっと、ですよ、ね?
山本耕史は毎月紙面に関わってきている。
だから、かな。

書かれている記事内容が地に足がついてきっちりと彼の過去から現在までを見た上でのもののように思います。

なんか、だから、ね。

抜粋して書こうとすると抜粋が全文になりそうになるし、
無理に要約すると気に入らないし…。


とにかく、手に入るならもう一冊。保存版がほしくらい好きです。
山本さんの語られる言葉も、そこに添えられる記者さんの文章も。


「薄桜記」丹下典膳は、今の山本だからこそ出せる妙技で、俳優と役の幸福な出会いの瞬間を観る想いでいっぱいだ。

記事冒頭で語られる記者さんの文章。
これだけ添えて、この記事終了。


なんかほんと、、今は自分の中にある感覚をじっと見つめていたいかな。
これは。
「薄桜記」という作品全体に感じていることなのですが。




 蛇足  はなまるはびっくりした。そっちかー!!!???って(^^;
     てっきりttB!がメインだと思ってましたです。。ま、本間くんも彼だけど、、さ(^^;)
     天野さんがちょっと…(´Д` )
スポンサーサイト
21:20 ***NHKBS時代劇 薄桜記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示