09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

シアターガイド 2012/10月号

2012/09/02
教えていただいてからウズウズ。
9月1日の発売日を待っていたら大量の仕事に撃沈・・・

1日遅れで本日。
イソイソと本屋さんに足を向けて手に入れました。


久々のシアターガイド。
P33~P35までが山本耕史インタビュー。

本屋さんでちらっと開いて、
その扉絵の姿にドキっとし。


帰宅して読んだ今。


以下、軽いネタバレです。



いろいろ、いままでの葛藤までを明かして話してくださっているこの記事は、
完全保存版であることは間違いないとして・・・。

10年あまり同じところに立ち止まってそれを無駄ではなかったと話す、
様々なことがあって今がある、その彼が。
今回すべて意識して変えた、という訳詞。
それがとても楽しみ。

どんな言葉でどんなせりふで、世界を表現してくださるのでしょうか。

私はこの再々演が初めて観る世界だから、前回までと比べようがない。
一応1月のライブで聴かせていただいているけど、歌詞を覚えられるわけもなく(^^;)


山本耕史が魅せられて改めて進む道を示してくれたRENTの作者。
ジョナサン・ラーソンの世界を今、更にまた楽しみになりました。
(詞-ことば-が気になるってのは、私限定の細かいややこしいこだわりかな?)


このインタビュー。シメがまた好きです。
自分独りではない、という彼らしい締め方。

「ジェロ君とすみれちゃんが新たな息吹となってくれることを期待しています。」


先日のお三さん@薄桜記もスタジオパークで、
現場でみんなで共有していいものを作っていこうとする人、
と耕史さんのことを評していらっしゃいましたけれど、
ほんっと。。いつでもどこにいてもどんな立場でも。

こういう所は変わらない人ですね。

今回のシアターガイドは様々に彼の生き様を想わされ、
とてもよいインタビューでした。



で。扉がまた、、モノクロ写真で素敵なんだな~~(惚)
スポンサーサイト
22:56 ***tick,tick...BOOM!(Team YAMAMOTO) 2012 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示