10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

平清盛 第21回 『保元の乱』

2012/05/27
えー、、、、っと。



なんにも言うことない。



体調下降中です。
(久々に力いっぱい特大の口内炎を製造いたしまして、この痛みには慣れている私がへこたれてます。
なんかねー。上あごにも違和感あるのよねー。それがまた気持ち悪くてああ、、食べたくない飲みたくないしゃべりたくない。。。。。)

そのせい?


今回の戦の場面に
なんの感慨も浮かばなかったんですよ。

なんかさあ。
とにかく細切れ。
戦の流れに乗れたって思った途端に女子語りに切り替わるし・・・。

数分単位で切り替わる場面と人物には、
気持ちを寄せて見ることができませんでした。(がっくり。)


あ、そういえば。

盛国さんが、清盛と忠正の戦いにかぶせるように深キョンに語るシーンは。

やっぱこの方がナレーションでしょ
なんか妙な説得力と落ち着き感だわっ

とか思っちゃいました。
いやこれも、、間違ってるね。制作サイド的にはおそらく。。(きっと確実に!)

余談だけど、最後の大河見学はこの場面でございましたよ。

で。
今回はワタシが苦手な方の演出でござんした。。。

頼長様と信西の「夜討ち」検討シーンはそれなりだったけど、
それまででしかないんだなあ。
先がもうブツブツ・・・・・
孫子の解釈は頼長様が合ってるの、ね?
信西解釈は無理やり~って某有名先生のつぶやきが。。(笑)


頼長様はどんどん情けないことになり、

ああ、そういえば。
今回初めて・・・。
上皇様に間違いだったと言われたあと、
心の奥の奥がチラリ・・・と見えた?

切ないねぇ。


とことん。
勝者側から作られている物語。
(ってまぁね。平家物語なんだからここはそうよね、ともいま気づいたけどさ。)


なんか何がどうといえないのだが納得いかず、
つい、ずっと今週封印し続けたプレマップを見た。

見た。

ええ。見ちゃいました。


来週。。。
とにかく。


・・・・・ラストを見届けよう。



ここまで我慢したんなら、もう一週間我慢すればよかったんだよね。
と、プレマップの場面に衝撃を受けつつ思う。
見たことは消せないからもう仕方ないけど。。こういうことなのかー、と。

スポンサーサイト
21:33 ***2012大河「平清盛」 藤原頼長 | トラックバック(0)