05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

「悪人」の定義

2012/04/26
歴史読本 6月号


昨日本屋さんで手に取って、一瞬手放すか迷って(いやお財布薄くてね~/^^;)
でも結局しっかりお持ち帰りの一冊になったわけですが。


山本頼長様の、「悪人」の定義がようやくストンっと納得いきました。
信西の動向とか、全く意識の上に登っていなかった私は甘々でしたね。

なるほど、、と納得。


あくまでも現時点の政治を憂い、
あくまでも自分が正しいと思ったことのために動き、
避難を浴びることは覚悟の上で
すべてにおいて、「藤原頼長」として行動した彼。


うん。
そういう観点なのですね。


理解力ないな~な私。


だからこそ、一本通してまっすぐに「悪」を演じる。
16話もそんな頼長像を見せていただきました。
今が一番の栄華の時(ですよ、ね?)。
もう少しお姿拝見したかった、って欲望は抑えられませんし、
物語的にも、もったいない感は多分にあって、辛いんですが。



以下与太話。


大体、いきなり兄vs弟+とーさんの対立激化してるし、
これ、ほんっと不親切っていうか細切れっていうか、、
いちいち説明しろとはいいませんが、
もう少し朝廷側の描き方、なんとかならんもんですかね。
主役が飛んだり跳ねたりしてる間にすこぉ~し、こちらを描いてほしいんだよ。。
保元の乱への複線なんだろーしさ。。

視聴者がみんな、予習してるわけではないのです。。
(私はすっかり置いてけぼり…)

このまま次回は崇徳vs雅仁も描くの?
判んないぞー。

武士側にしても。
中井@忠盛様いなくなり、
梅雀@家貞がいなく…あれ?ならないのかな?よく判らんが。。

とにかく、
来週からは一皮むけた主役が登場のようですが、
現在の問題は容姿とかコーンスターチさんではなくなってる気がするのは、
私の視点がずれているせいだけでは、ないと思うんだよなあ。。

魅力ある主役。
復活できるでしょうか。
スポンサーサイト
22:59 ***2012大河「平清盛」 藤原頼長 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示