05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ひと目でわかる…

2012/03/02
大河ドラマ平清盛

おや。
「ひと目でわかる今週の朝廷!」
なんていうのが出来ております。

確かに。。
1時間集中していないと、非常にわかりにくい部分がある。
そもそも武士と朝廷を行ったり来たり場面転換が多いし、
更に武士側は平家の合間に突如源氏が入るし、、
コロコロ変わる場面に追いつくには、がっつり集中してみるか、
もしくは録画してリピートしないと。。ちょっと大変な大河ドラマでは、ある。

もともとがとても入り乱れて判りにくい時代ですからねぇ…。

だからかなあ。NHKさん頑張るね。

うん。
この図解は結構わかりやすいかも。
第8話までの朝廷内の関係を端的に表すとこうなるわけですね。
とっても端的すぎて、今までの朝廷シーンを思い起こすと笑っちゃうけど。
(画面は非常にインパクト強いものばっかりですもんね。)

藤原摂関家はやっぱりちょっと軽い扱いかしら?(涙)なんて。。
余計なことを感じちゃったりも、、しますけど。
こちらは…これから、、よね?


しかし。
藤原摂関家…。

濃い…なあ。
とーさんもにーさんも。。
写真うつりが濃い!!!

そんな中にあって、頼長様は。
妙に育ちの良さをあふれさせる品があり、
どこか苦労しないで育った子、という印象をこの図解から持ってしまった。

ツイで学んだ前回の家族3人のシーンの意味。
にーさんはここまでに様々に苦労していて、とーさんはもちろん苦労し続けていて、
だから「内大臣」という地位に喜びを表さない弟に不快の念を抱くのだ、、という。
そんな感じが、この図解の3人にも表れているように…思うのは。

…勘ぐりすぎ…ですか?(笑)


私は結構、とーさんにーさんのキャスティングも好きなのだ。
きっと頼長様の最期には…目いっぱい憎んでしまいそうだけれど…、ね。
スポンサーサイト
23:01 ***2012大河「平清盛」 藤原頼長 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示