05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

歌川国芳展(前期)in六本木

2012/01/08
昨年大阪から始まった展覧会
東京は六本木、森アーツセンターギャラリーに、
ようやく、行くことができました。

前期と後期でほぼ作品が入れ替わるっていうし、
昨年のNHK(だっけ?)の番組でかなり興味をもち、
先日のBS朝日の番組では、上の子も「面白い…」と興味を持ったこの美術展。

覚悟はある程度していったけれど、、、

美術館に10時過ぎに着いた時点で、
その、人の多さにすごく驚きました。

一瞬、音声ガイド借りられなかったらどうしよう?

とまで思った~~~!!!(^^;)


な、興味を持った入り口はまあ、そのぉ~~~~ですけれど、
それはそれ。

山本耕史さんありがとう。
あなたが音声ガイドのお仕事をした、ということからこの展覧会に興味を持って、
国芳って人を知って。
そして。

こんなおもしろい「浮世絵」は私にとって初めてで、
そして、こんなに興味深く一心不乱に会場内を回った美術展も久々でした。



とっても、楽しみました!!!
歌川国芳展!!!





なんていうか。

広重作品とか、超有名どころの版画を美術や歴史の教科書でしかお目にかかったことはない
浮世絵の世界。

私の中の印象は、

すっきりと襟を正した平面的な版画絵。

構図は独特だし、きっとデザインはとても斬新なんだろうとは思うけど、
それほど興味を持てる絵ではなく、
妙に身近だけれど妙に取り澄ました感じがあんまり好きではない。

そんな印象。

だったのです。浮世絵って私の中で。
質感が固いっていうか硬質の美しさ、というか。


それが今日、国芳の作品を溢れるほど見続けて。


なんてなんて、躍動感があって、奥行きがあって、「その瞬間」を切り取ったような臨場感がつたわるんだろう

と感じたのでした。
音声ガイドは、完全に音声ガイドとして使用し(いやそれが当たり前だからっ!)
その解説を聴きながら「なるほど~~~」と食い入るように見入ってしまう作品の数々。

最初の方で。。。作品名も何も実は覚えてこなかったんですが、
屋根瓦が飛び交う、、というか崩れてくるというか、そんな場面のある説話?武者絵、、だったかな?
が、あったんです。
その絵のですね。
その「瓦」が妙に印象的で。
そこに一瞬浮いている、上も下も右も左も奥も手前も、空間があってそこに浮いている、、
それが、すごくよくわかったんです。

そこから一気に、なんだか目の前の版画の数々が、国芳さんの肉筆のようにも見えるようになり、
(それほど彫師や摺師さんたちの技術も最高なのだろうけれど)硬さを感じなくなって。

案内のパンフレットで紹介されている有名な絵や、猫ちゃんたち、入れ墨の水滸伝などなど、
迫力満点だったりかわいらしかったりするものがたくさんあって、
それをそれなりにとっても楽しんだんだけれど、

私の中で一番印象に残ったのが、その「瓦」の落ちてくる場面。

作品のタイトルも何にも覚えてこなかったくせに、、
妙にそこだけが鮮やかに記憶に残っています。


最後まで観終わった後、もう一度初めに戻ろうと思ったんだけど、、戻ってみてびっくり。
私が入場したときの比ではない人の山、山、山・…に、、、
恐れをなして(爆)会場を後にしてしまいました。
(再入場はできなかったし…)

きっと後期では入れ替えられちゃうんだろうな。
でももしあったら、もう一度みたいな。あの瓦…。
いや何の変哲もない、黒べた塗の屋根瓦なんですけれど…ね(笑)

BS朝日で紹介された子供たちが井戸を掘る作品もあって、
テレビで見るよりずっと、その生き生きとした子どもの姿が印象に残っています。

ああ、本当にとっても楽しめたひとときでした。

会場を後にして時計を観たら、、入場から有に3時間が経過してました。
それにも驚いた!


時間が許せばもう一回、前期を観たいけれど、、それは無理。
だからまた、後期を見に行くのを楽しみにします。

んで当然。
ちゃんと絵に集中させてくれる、さすがな「音声ガイド」様も、忘れずに♪

ほんっと、、さすがですよ、ね。出すぎず出なさすぎず。。。
そのちょっと上品な(???)べらんめえ調にもくすっっとしつつ、
耳から聞こえるガイドさんの案内もしっかりと堪能できた最高のひとときでした。
(ここは完全にファン目線ですが、、、、)

あのねー。
若いカップルさん(死語??)がねー。
「音声ガイド、山本耕史だ」
「あの人、声いいもんね
って話してて、もちろん耳にはイヤホンつき、首からガイドを下げていて、、
「そーでしょっそーでしょっ。ついでに案内も最高でしょっ」
って言いたくなりましたよ~。あははははっ(逃)
スポンサーサイト
22:37 山本耕史*声のお仕事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ゆきゆきさん、こんばんわ
私も、4日に行って来ました。付き合ってもらったお友達に、動機が不純でゴメンっていいながら出掛けたのに、すごいよかったって感謝されたわ。もちろん私は音声ガイドもふくめて、良かったんだけど・・・(^-^)/
今年もよろしくお願いします。
グレコさん~
こんばんは(^^)
レス遅くなってごめんなさい。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

付き合ってくださった友人さんが喜んでくださって嬉しいですね~。
入り口はあっはっはっですが、私は結構、「山本耕史」から入って知った世界がたくさんなので。
(何しろ基本出不精で物を知らない人間です…)

今回も新しいジャンルで思いがけずすごく楽しめて幸せでした♪

後期も楽しみにしようっていまからカレンダーとにらめっこしてます(笑)

管理者のみに表示