05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

はやぶさ/HAYABUSA

2011/10/09
行ってきました。六本木。

しっかり迷いました。六本木。

きらいだー!!大都会!!!(爆)


ということで。
久々に座席が満席という状態の映画館(え?)。
先にチケット買っといてよかった~。
ちょっと余裕で出かけたはずが、
迷ったもんで。。。
ぎりぎり到着。あーあ。。


以下。
観てきた感想一発書き。
ネタバレ(?)です。はい。




んと。

観終わった直後の感想は。

ああ、これは「はやぶさ」が主人公の物語なんだ

ということ。
ある意味当たり前。
だけど、観る前に思ってたのとは違う印象だったのです。

もっと。
プロジェクトチーム全体の人間像なのだと思ってた。
けど。
違いましたね。

人間像として描くのは架空の存在である水沢恵と、少しだけ的場さん。
他の方々はあくまでも技術者として、はやぶさを支える力としてのみ存在している感じがしました。

それは。
田嶋さんも同じ。

様々な難題を一つ一つクリアーしていく。
その難題が多いし時間も長いから。。しかたないかなあ。
割とあっさりと一つ一つの難題は流れ、
そこに人としての苦悩やら苦労やらは、あんまり表だって描かれない。

なんでしょう。
なんかね。

もったいないなあ~~~~!!

という人々に対する感想が強いのです。


でも、ね。

それぞれの人はそれぞれに存在し、
その与えられた場所で精一杯働いていることは伝わります。
ドキュメンタリーではないけれど、人間ドラマでもない、、中間みたいな感じかなあ。

そんな中。

ふふふっと気に入った場面は、
的場さんと文科省の矢吹さんとの場面。
絶妙な間と表情で、、、西田さんって。。やっぱすげ~~!!と思いました。

あと。
田嶋さんは。
喜多さんとやりあう場面とか、非常灯を前に考え込む場面。
えーっと。。ま、とにかく技術者としてそこにいるとき、どうしても目が行きました。
ファンの性ですお許しをっ。。

随所に専門用語がそのまま使われ、
けれど、難しい…と感じることもなく、
今、何がどうなっているのか、はきちんとこちら側が理解でき。

宇宙初心者な人たちにも、楽しめる映画なんだな。

と、理解しました。



といいつつ、私、涙してました。

はやぶさが、テイクオフする場面。
地球を背にして、太陽パネルを開いて飛び始めるところ。
気付いたら涙。。

そして。
はやぶさが帰ってきたところ。
ここはもう、、宣伝映像観てた時からだったけど。。
やっぱ、抑えられなかった。。涙。

どちらも、画面には「はやぶさ」
宇宙空間で腕を広げてのびのびとしたところと、
満身創痍で地球に帰ってきて、最後に頑張ってその姿を取り、大気圏で燃え尽きていくところ。

なんとも言えない想いが込み上げてきたのでした。


もう一回行こうかなー。
「宇宙」の描き方。最新のVFX技術なんでしょうけど、
私、それを観ているだけでもかなり満足。
はやぶさが、宇宙を飛んでいる姿を、、大きいスクリーンでもう一回観たいなー。
なんて、、思ってます。

気持ちにね。いま全く余裕がなく、心が固まってるのを自覚してるんですが、
そんな自分があの空間を見つめたら、、
なんか、ちっさいこと気にするなー!って言われてる気がして、
同時に、ちいさなその身体で無限の宇宙を必死で旅する姿がどうにも切なくて。
地上でそれを支える人たちがいとおしく感じられて。。


おかえりなさい はやぶさ

燃え尽きてもそこにいる。そんな光を、、もう一回みたいなあ。
スポンサーサイト
20:43 ***はやぶさ-HAYABUSA- | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ゆきゆきさんこんばんわ
「はやぶさHAYABUSA」ご覧に
なられたんですね
私も明日観に行きます。
ruka339さん~
おはようございます。
楽しんできてくださいね。

管理者のみに表示