07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

帰着準備号???(21時:追記あり)

2011/09/01
ん?
ちょっと仕事@小休止中なんざんすが。
(さぼり中ともいう~/^^;)

うろうろしてて見つけたんですけど。


双葉社新刊カレンダーにUPされてます。


10月13日発売予定
居眠り磐音江戸双紙 帰着準備号 橋の上(仮)
佐伯泰英(著)



これはなんだろな?
あの後ってことでいいのかな?
それにしても準備号って???
あ、本編じゃないのかな?

でもとにかく磐音さんってことだよね??

続きは来年1月まで我慢って思ってたからびっくり。
夜にでもまた調べてみますが
ちょっと嬉しい情報だったのでとりあえずUP!


****追記****

コメントで教えていただきました。
現時点での最新刊「一矢ノ秋」に折り込まれたちらし。
そこに少し情報が載っています。
特別書き下ろし中編小説シリーズ番外編収録の、読本第二弾。
その中編のタイトルが「橋の上(仮)」なのかな?
内容がすごく気になりますが、ちらしでは
「磐音が暮らした江戸(仮)」
とありましたから、、、磐音さんの江戸での暮らしの中から切り取られた物語、でしょうね~。

なんかすっごく楽しみ。
WOWOWのムック本と併せて、出版の方でも秋はぼんやりしていられないようです。

もう映画をすっかり吹っ飛ばしてる私なのに、、、
こんなんで追い切れるでしょうか~。
かなり混乱状態に陥ってますっ!





しっかし、、
帰着準備号…。
なんかもう、ものすごいタイトルだわ、と思う私。
あくまでも「仮」だけれど、、
あんまり煽り文句って好かないんですけど、、

でも。

ああ、もうじきなんだなあ。。という、
あの時代に身を置いた形での「一つの終わり」を感じたりもしています。
長い長い戦いの果て。

坂崎磐音はどこに行くのでしょうか。。。


 と、これをすべて、山本磐音の表情と姿で思い浮かべる私。


感慨深いよ。。やっぱり・・・・・。
スポンサーサイト
11:10 ***居眠り磐音江戸双紙 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
読本2
一矢の秋に入っていたチラシに、今後の刊行予定が入っていました。
シリーズ番外編収録の読本2「磐音が暮らした江戸(仮)」が10月に発売予定。
1月には38巻と「磐音が歩いた江戸古地図(仮)」2点同時に発売予定となっていました。
どんな番外編なのか楽しみにしていたのですが「帰着準備号 橋の上(仮)」ですか。
帰着準備号 橋の上(仮)って・・・
10月13日まで楽しみに待ちます。
読本2弾
えっ、準備号?って何?
maru moruさんのコメント読んで「一矢の秋」にチラシ?・・・・
有りました。読本2弾、特別書き下ろし中編小説番外編収録!と。
この事ですね。
楽しみです。チラシに目を通していなかったです。でも捨ててもいなかったわw.良かった。
楽しみですね。
marumoruさん~
ありがとうございます。
はい。私もいまあわてて確認しました。
ほんとだー。10月にも発売予定あったんだー(笑)
ななめ読みしてるもんで、こういう中途半端な記憶になります。。(汗)

どんなお話でしょうね。
磐音さんが住んだ江戸。ああ、、楽しみ!が、またひとつ増えましたね(^^)。
solaさん~
「準備号」っていうタイトルがちょっと斬新すぎるというか狙いすぎてないか?っていうか。。(w)
びっくりしました。

チラシ。私は目を通したくせに記憶されたのは来年のことだけ。。という。。。たはは。
このあたりに性格が・・・・・(爆)

なんか、文字の方もこれから抜からないようにしないといけないですね。。(嬉しい悲鳴~~~!)

管理者のみに表示