06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

テンペスト 2回目

2011/02/11
10日ソワレ 19時開演 1F下手 すこし後ろの方。



ああああ・・・・

お花が・・・・・



なかった・・・・・・(涙)


初日、ロビーを埋め尽くしていたお花たちは大半が姿を消し
(おそらくバックヤードに移動しちゃったんだろうなあ。。)、
変わりにあったのは、それぞれのキャストさんごとのお花を頂いた先を打ち出した紙・・・・・(涙)


もう1回、、、
観たかったよぉ。

Team GODSPELLからのお花・・・・・。


Team GODSPELL淋しいから、同じ写真を貼っておこう・・・・・(涙涙涙・・・・・)


すま お二人からの仲間さんへのお花は飾ってあった。
仲間さんのしか、なかったなあ。奥のほうに行かなかったので、もしかしてそっちに????



さて。
本日の感想。

ううーん。難しいけど、、行って見ます。



ネタバレありです。ご注意くださいませ。



コージくん仲間ではない、友人二人を誘って、ぴあで取ったチケットでの参戦。
昨夜から、ファンじゃない人を連れて行く~ってことにちょっと緊張(笑)。
お二人とも、舞台は詳しいから。。どんな感想だろう??と。。ね(^^;)

座席は下手の端っこ。
でも、座席表よりも思ったよりずっと、全体を見渡せるいい位置でした。

やっぱり。
この舞台は引きで観るほがいいなあ~~、と実感しております。


うーん。
実は、どうも今回はことばが出てこない。
あまりにもエンタメどっさりだからか、映像やナレーションが未だ慣れないからか。。。

なので、取りとめもなく感じたことの箇条書き。。

「笑い」は初日よりよかった。
すこし整理整頓されていて、初日にいらないなあと思った薩摩と琉球の黒船に対する対応を検討している場面は、
ちゃんと浅倉さまの「主張」が耳に入って頭に残ってくれました。
バックで同じパフォーマンスしてるんだけれど。。抑え気味な演技になっていて。(観客側も落ち着いていた?)
生瀬さんの「2011年丸い・・・」は同じ。でも初見の皆さん大うけっ(^^)。

浅倉さまの。。殺陣。
良かった。。なんか、すっごくキレがあって踏みつけられても蹴られても、、、
すこし長い殺陣の所はほんっとぉぉぉ~~~~っに!リピートしたかった!!!!
生なんだ、、、と、なんか、初めて実感。(初日はこちらもかなり舞い上がってましたしね。)
最初の薩摩藩道場でのシーンも。
ぶっきらぼうでいながら、その太刀さばきはどこか華麗。。
示現流なのにいいのかな~とか思いつつ、主役そっちのけで視線は上手はじに釘付け・・・

そして、歌。
アカペラだから声の「揺れ」が直にわかって、倍音で聞かせてくれる恋の歌は、、謡うというより私には歌うって印象で。でも、あのちょっと和風でも洋風でもない歌。。毎回不思議な雰囲気を感じます。
で、テレる。。。
ひたすら私はテレてしまう。。。はははははっ。

で。

洋装土方さん浅倉さま。
下手で観たら表情も見えて。。。まずは心臓が踊り。
その後。オペラグラスも駆使してじっと姿を追ってみて思う。

ああ。
違う。。。
土方さんじゃない。これは浅倉さまだ。。と。
顔が見えるのと見えないのとでもこんなに違うんだ。

なんていうか。
今日は完全に目の前に「浅倉雅博殿」がいました。
そう気づいた途端に、すっと自分も落ち着いて。
ラスト。
ここは照れっぱなしなんですが(莫迦)、やっぱ、いいなあ~。。。
浅倉さまと真鶴のこの先に幸あれ、、と思うことができました。。

で。後ろを向いた立ち姿の洋装浅倉さまの、、、足の細さに、、また心臓が・・・・(莫迦者っ)

 余談だけど。終演後、赤坂駅のホームにて。
 「山本耕史って足が細いのね。」
 と、話していらっしゃる声を耳にして。。1人で「そうそうっ。そうなんですよ!」
 と、こころの中で同意しておりました。
 洋装の後姿。。。ほんっとに、、スラッッと細かった~~~~(惚)

ナレーションや映像は、やっぱ変更はないですよね。
何だか、、そこが「映画みたいだ」ってことなんだろうと思うのですが、
2度目で改めて実感。
あくまで私の感じたことですが、舞台上に真鶴がいるのに、ことばが録音された声って場所があって、、
真鶴の心の中の声ってことだろうけど、、こういう所は残念かも。(ストーリーのどの位置かを忘れてます/爆)
心の中の声も、やりようによってちゃんと話せるよなあ。。生で。。
観る人は変化も感じたいと思う。
何回も演じて役者自身の雰囲気が変わるってこと、せりふのトーンが変わるってことを今までの少ない舞台経験でも感じたことがあるから。
ここまでナレーションとか映像が入ってしまうと、どうなんだろう。。。

あくまでも生を。
目の前での役者の演技を観たいんだもんなー。
そのこころの揺れや変化も含めて。。。

もう少し、役者さんたちにそのままを演じてもらえたらいいなあ。
大河のような物語ですから、映像も必要だしとてもわかりやすいからそこはいいんです。
が。。。
心情表現は。。ね。そこに本人がいるんだもの・・・・・。
(浅倉さまにはそういう場面なくてよかった・・・・)


あと、3回行くんだよね。と、ふと。。↓的に思った私。
この辺りが微妙なのかもしれません(^^;)。



それでも。
友人さんお二人。楽しんでくれたみたいでほっとしました。
「宝塚」とか「歌謡ショー」みたいだった、ってことでした。
なるほどな~と。
どちらも私は行ったことがないけれど、イメージとして、、何となくわかる。そんな気がします。
スポンサーサイト
01:33 ***テンペスト 2011 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示