07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

理由(わけ)

2010/08/19
ああ。
そうだ。

存在感

これだ。


たぶん、昨日から私がいいたかった言葉。


10人の中にいる彼を観ながら考えてたこと。


一際惹き付けられる、その理由。
一際聞きほれる、その理由。


圧倒的な存在感


それを。
この人は持っている。
それも、その役柄としての存在感。

1人でも10人でも。
舞台上の「役の自分」をきちんと把握して、存在できる。
力配分をきちんと判ってコントロールする。





MCでもなくTVでもなく映画でもなく
舞台上には全く違う彼がいる。


幸。

で。それは。

舞台上での圧倒的な感覚。
一端、役を離れると・・・。


こらこらなんなの?な彼もいるもんなあ・・・。
もうちょっと何とか・・・・な彼が普通にいるもんなあ・・・。


あっという間にころっと変わる。
(二人芝居を観て笑ってしまった/^^)



それもまた

幸。



・・・・理屈っぽいね。私。
スポンサーサイト
11:25 山本耕史*舞台 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
「理由(わけ)」のタイトルは小説のことかと思って、え?こっちで?と思った短絡思考で失礼しました。
でも、言われること、分かるような気がします。加えて山本耕史さんには『華』がありますよね。そして尋常ではない音感と、動きの美しさと切れ。
努力だけでは身に付かない、でも舞台役者が欲して止まないそれらを彼は持っている。
視線を惹きつけて止まない絶対無二の存在感。
でも、舞台を離れれば・・あれ・・・
なんか、ホッとしなくもない、と言い聞かせてますです、はい。(爆)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
単純ふぁんさま~
コメント、ありがとうございます!

> え?こっちで?

と思われたってことは、もしかしてあっちをご存知だったりする方でしょうか・・・??
そういえばそっかー。小説ありますねぇー。宮部さんかな。思いつくタイトルは。。気付かなかった~です。全く違っちゃってて失礼いたしました~。はい、この場所なんで~~~(ひゃぁ~/^^;)

何か昨日からのどの奥にひっかかってる言葉があって、今朝、不意に浮かんだのでした。
それでも足りないなあ~って思うのですが、ここはもう、言葉じゃない直接触れれば判る感覚なのかなー。
『華』ですね。集団の中の彼という姿はまだ舞台で触れたことがなく、今後の2作品がとても楽しみだったりしています。

そう。そして、舞台が終わった途端のあの「戻った!」な姿がまた、、ほっとするんですよん。ええ。きっとみんな~(笑)
鍵コメさま~
> もしよろしければ検索してみますか?

はい!検索いたしました!
情報、本当にありがとうございます!!!!

完全に飢えてる状態な私(笑)。
久々の!!嬉しいです~♪

管理者のみに表示