07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Mother第9話

2010/06/11
今回は、オンタイムに見た時点で、感想が書けませんでした。
想いはなんだか沢山あるんだけれど言葉として出てこない。

ただただ、涙が溢れて、
なぜこうなるのか、どうして引き離されるのか、
頭では理解できていてもこころが理解できない。

あんなに追いすがっているのに・・・・
継美ちゃんがあんなにすがっているのに。
「おかあさん!!!」と叫んでいるのに。


こうなること、判ってたんですけど、ね。
8話のラストの時点で、ああ、そうか、と。
そして、自分自身、「怜南として生きられるね」って思ったんですけど、ね。

全くダメでした。
ラストの奈緒と継美ちゃんの叫びですべてが吹き飛んじゃった。


ということで、本日2回目視聴。
お話の内容自体、毎回ちゃんと把握できるのは2度目以降という状態のこの作品ですが、、
さて、今度は言葉になるかな・・・。

と、思ったんですけど。

無理です。
午前中泣きはらしてしまいました・・・。
(時間があるからといって、午前中から観る作品じゃありませんね・・・)

で、今、夜。

思い起こせるのは、
継美ちゃんが叫ぶ声。

「おかあさぁ~~~~ん!」

と。

あそこ、だけ。


ラストの奈緒が見つかって叫ぶシーンになる前あたりまでは、
いろいろいろいろ、思うこと、感じることがあるんです。
それぞれの人々の表情の意味、とか、
藤吉さんったら、自分で言っちゃったね。。わかんないって!
籐子さん、あなたの一瞬の表情に奈緒への思いが溢れてる・・・
「2人が見つかりました」の刑事さんからの言葉で、仁美の浮かべた表情は、なに?
・・・とか。。

だけど。

奈緒が叫び、そして最後の最後。
継美ちゃんが叫ぶと。

なんだかもう。
何もかもがふっとんじゃって、とても冷静でいられなくなって。


ことばが出てきません。


何が虐待で、何が救いなのか。
何が幸せで、何が不幸なのか。

法律の冷たさまで含めて描こうとしているのでしょうか?
この作品・・・・・。

この先の結末は・・・・一体、どうなるのでしょう。。。
奈緒、継美ちゃん、葉菜さんで伊豆海岸で遊んだシーン。
3人で手を繋いでとってもあたたかい会話をした後。
かもめを見て、継美ちゃんが叫ぶシーンで。

一緒に観ていた中学生が突然泣き出しました。

「北海道では、怜南も連れてってー!だったのが、今回は、ここにいるよ~!だね。」

といって。

継美として安心できる場所が出来た。そう感じたみたいです。


子どもたちの心にも確実に何か残してる。
実は少し前に、このドラマを一緒に観てもいいの?と別のお母様に懸念されたんだけど、、
一緒に観ていてよかった、って思ってます。
子どもの思いがけない感受性にも気付かされつつ・・・・・

  で、ラストはティッシュ争奪戦ですけどね。。。
スポンサーサイト
21:02 ***Mother | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ゆきゆきさんこんばんわ
本当になんて切ない
引き裂け方なんでしょうね~
つぐみちゃんの
「おかあさ~ん!おかあさ~ん!」の
台詞が耳から離れないですよ~
私もこの台詞を
思いおこさせられます
ゆきゆきさんがおしゃるとおり、
最終回は完全涙物に
なるでしょうね~。

ruka339さん~
こんばんは。。
願わくば・・・
もう、継美・・・怜奈ちゃんにあんな涙を流させないで!って望みます。。
切ないし哀しいし、どうしようもない第9話でした。。ね。。

管理者のみに表示