09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

磐音さん・・・かあ。

2010/03/11
こっちもそろそろリハビリ開始・・・(苦笑)

なんかもう、浦島さんもいいとこ~~状態だなあ・・・。
パソコン自体、必要最小限に止めていたものですから、
情報過疎も過疎。山奥の洞窟の更に先~~~みたいな?(意味不明)

えっと、耕史さんはいまどうしてどうなってますでしょうか????(爆)
ま、4月9日までに押さえればいっか?・・・でいいのか、な?(^^;)。
ナレーションのお仕事が確か追加されてたね。

ああー!グランブルーの海!観たい・・・聴きたい・・・!!!!!(まだ半分~~~)

そんな中。
アナログな「本」はどうしたって手放せず、
せっせと再読してみたりしてる私なのですが。

管理人、実は読書メーターなんてのをやってるんですね。
ひたすら読んだ本を記録できるところ。
感想なんかも気が向くと書けるし、自分の読書量も集計してくれるから
活字中毒に更に拍車をかけてくれるところですけど・・・(^^;)
そこで、
読んだ本の簡単な感想に、ナイスなんてポチっとしてくれることができるんです。

それで。
今日、居眠り磐音江戸双紙「雪華ノ里」にポチっとしてくれた人がいて。

一瞬、どんなお話だったっけ?なんて思っちゃった。
思い返したら、とても、、、懐かしかった。ものすごく。。

関前から奈緒を追って京都、金沢、そして江戸・・・その場面なのね。第4巻。
そうかー。
そんな時もあったよね。
途中、大坂でだっけ?らしくない磐音さんもいたりして、、それも4巻だったかなあ?(賭け事・・・)
そして、やっぱり江戸に帰って来て今津屋の面々と再会した磐音さんにいつでもほっとするんだよね。私。

なーんて。

すごく過去の、切なくて温かい記憶として思い出す・・・状態。


同時に。

陽炎の辻で、
・・・・・おこんさんが西の空に祈る後ろをそっと通り過ぎようとする坂崎磐音の映像・・・・・
ってのも、思い出すのです。


過去に戻りすぎてます?
たはははは~。


  今夜は「スイートJAM」
  今日の朝日新聞もBS番組の紹介にJAMを載せてくれてます。
  もうじき終わっちゃうんだよね。それが未だに信じられない。
スポンサーサイト
21:22 NHK時代劇 陽炎の辻 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示