09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「樅ノ木は残った」番宣 その1 なんだけど。

2010/02/16
3分間の短い番宣。
無事撮れてました。


先ほど、オリンピックの隙間を縫って(^^;)ざっと観ましたが。



どうしよ?
ネタバレ、、というべきか?

えっと。
初見でドラマを楽しみたい方は、回れ右、してくださいませ。


一応、折りたたみます。

で、以下、だらだら長いです。。ごめんなさい・・・





番組は、田村正和さんへのインタビューの合間に、撮影風景を織り込むような作りでした。
以後もこんな感じかな?

田村さんの時代劇自体、印象が殆どない私は知らなかったけれど、
田村さん、今までは着流しに雪駄ばきで町をフラフラ・・・みたいな役柄が多く、
それが今回はお城の中のシーンがたくさんあって、裃姿での撮影は、ご自身久々なのか現場で緊張されてたみたいです。
でも、そこはもちろん、立派な立ち居振る舞いですが。

で。
で、ですね。

お話の筋の一本目は。
甲斐と宇乃との恋・・・のようです。

恋。ね。恋。
あらすじ読む限り、原作と様々な設定も変えているし、ね。
最初に話題になったのも、甲斐と宇乃のお二人だから、そうなるのか。
田村さんは、今後の撮影でどんな風に描いていかれるか?みたいなことをおっしゃってました。
(うろおぼえ・・・。後日確認いたします。)
あんまりアカラサマにならなければいいなあ。
(とは、原作に捕まった者の戯言です・・・)

そしてもう一本に伊達騒動。
その伊達騒動の方で、伊東七十郎さんは絡むのですね。(ってそりゃ当然か/^^;)
で。
今日の映像では、公式HPの「あなたは変わった・・・」のせりふの映像に原田甲斐さんが受ける言葉(たぶん)が流れました。
うん。これをセットで観ると、更に辛い場面になるな・・と想像ができます。
そして。
ほぼ、HPの映像が流れたその後に、
七十郎さん、はじめましてな映像があったんですが、
一瞬気付きませんでした。

え?

って思ってリピート。

とても短かったけど、立ち回りのシーンです。着物の色は違います。
これは・・・
原作のあの場面か?
でも刀抜いてるから、別のところ?
うーん。
でもたぶん、この後に捕まってしまうんだろうな。


七十郎さん。
雰囲気がまるで違います。
CMでもナビの小さな写真でも感じてはいたけれど。
ほんとにまったく違う武士ですね。今回。山本耕史が表現してるのは。

殺陣。磐音さんや雅さまで見せる華麗さが一切無く、
なんていうか、、、

無骨。
北国の頑固で不器用な武士。

の、ような?

一瞬のシーンでしたが、その雰囲気の違いは驚くほどでした。

伊東七十郎さんも剣はとても上手い武士であって、
それが原作では刀すら握れずに縄目に・・・ってなるから、もう辛くて悔しくて、そしてただただ切ない場面なんだけれど・・・そういう描き方ではなさそうですか?

耕史さん、こういう雰囲気の武士って演じたことあるのかなあ?
私にとっては初めての、雰囲気まったく観たことのない武士のようです。伊東七十郎さん。


そうだ。
結局私は、「組!」を貸し出した友人に頼み込んでDVD録画してもらうことになりまして・・・(^^;)
左目に負けたのがかなり悔しい・・・・んだけど、、、仕方ない。
録画してもらえるだけ良かった~~~~と、思ってますが。


んっと。
思うところはいろいろいろいろあるけれど。
えらく長くなったから、今日はこれでお終い。
明日行こうの番宣で、また変わるかな。どうかな。ううう~~~ん???

ってか本番は20日だ!!(爆)

スポンサーサイト
22:14 山本耕史*TV・ラジオ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示