09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

樅の木・・・

2010/02/11
「樅の木は残った」下巻に入る。

辛い。
読み進めるうちに、どんどん辛くなる。
目が離せないんだけれど、同時に放り出したくなる。
続きがとても気になるけれど、同時に忘れてしまいたい。

それはどこか、「新選組」の時と通じる気持ちか?


35歳の七十郎さん。

35。


今日はずっと読んでいて、あんまり辛いから、少しだけ、ここにこぼしておく。
スポンサーサイト
18:35 山本耕史*読み物 | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
NoTitle
ゆきゆきさんこんばんわ
「樅ノ木は残った」下巻を
読んでおられるんですね
七十郎さん
35歳で亡くなってるんですね~
この年を聞くと
「新選組」土方副長を
思い出します
土方さんも35歳でしたもの~。
ruka339さん~
こんばんは。
そうなのですよ。35。
時代劇で出演って決まったときに検索して驚いたんですけど・・・ね。
耕史さんって妙に縁がありますね。
土方さんも、モーツアルトも、
そして今回の七十郎さんもなんですもん。

切腹場面ってあるのかなあ・・・
後ろに・・・・はぁぁぁ・・・・
やっぱりそれが『縁』なんですね…
最初にこの番組のページを見た時にも書いてあったかは忘れましたが、伊藤七十郎さんが35歳で亡くなられた事を知ってそれが山本耕史の『縁』というか『宿命』なんだな…と感じました。

演出の時にも書きましたが、これも『オーラの泉』で言っていた事の一つ。(やっぱり2006年でした)
『自分が影響を受けた役で、実在している人は全て35歳で亡くなっている』という耕史くんの疑問。
土方さん、モーツァルトと…『RENT』を作ったジョナサン・ラーソン(tick,tick…BOOM!で)

ま、スピリチュアルな話で、35歳は耕史くんに関係ある年齢なんだそうで。
なので今回もやっぱりな…という感じでした。

後ろ向きね…やっぱり最大の見せ場(辛いけどね)だから、個人的にはあって欲しいです。
それが大いに印象付くなら。印象付けられる人だからやって欲しいなと思います。

でも原作読んでないんです……ごめんなさい~(汗)
ruka339さん~
訂正~~!

七十郎さんは切腹じゃなくて斬首です。
すみません。ここを間違えたらなんにもならない!(涙)
ゆうきさん~
え?ジョナサン・ラーソンさんも35、なんですか?
知らなかった・・・・
「オーラの泉」は今、教えていただいて文章で残ってるものを読んでいるところです。
35。ああ・・辛い。

と、同時に。
いま、大失敗↑の訂正をして気付いた・・・。

武家になっても(土方さん)、武家であっても(七十郎さん)、切腹できないのね・・・耕史さん・・・
山南さんクラスの切腹、させてあげたくなる・・・辛いけど。
後ろ向き。映像で見たらどうだろう?と思いつつ、
原田甲斐にとっても大きな1つだからあってほしいけど・・・タオルがいるだろうなあ、、きっと(^^;)。
それにしても、文庫で3冊もある、大河にもなった作品を2時間で作るんですよね。
どこまで描ききれるのかなあ、とちょっと心配。

原作。
読めば読むほど、伊東七十郎という役がビシっと山本耕史にはまります。
それはもう、登場から最期まで・・・・
読まない?とても読みやすい歴史小説ですよ(^^)。
NoTitle
ゆきゆきさんこんばんわ
ああ~そうでしたか
七十郎さん斬首に
されてしまうんですね
うあ~どんな感じの
シーンになってるのか!。
^^;ど・・どんな
ruka339さん~
こんばんはー。
そうなの。ごめんなさい。大間違いしました・・・

七十郎さん・・・
普通打ち首は身体も前に倒れるが、私は仰向けに倒れる・・・と宣じて、その通りに倒れるのです。
なんともね、その前からの諸々と、この人のひととなりで涙なしでは読めませんでしたよ。。
映像あるかなあ。。
どうでしょうね・・

管理者のみに表示