FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

新年のご挨拶と、正月時代劇 「風雲児たち」

2018/01/04
明けましておめでとうございます
よーやく山本さん的年明けがやってきました。

風雲児たち
正月時代劇は2年連続だったんだ!?
と、つい先日気が付いたんですけど、
まぁ、昨年は、まぁ、ね。
ってことで。

うん。風雲児たち。
正直、キャストの方々を拝見したときは
真田丸とダダカブリでこりゃどーなるんだ?
と思い、
ま、三谷さんだしな、と思い、
え?ナレーションまで有働さん!?真田丸じゃんー!丸ロス悪化しちゃうじゃんー!

なんて感覚でおりました。
元日には帰省中で見られず、やっと今日観られたんですけど。


あらやだ。面白い。
たった90分しかないのに、なんだかすっきりきっちり面白い。
なんていうか、とっても軽快で
もちろんぶつかり合うところや長女を失ってまで取り組んだ仕事に名を残さないことへの見つめる者としてのもどかしさも悔しさもあるんですが

全体がコンパクトに分かりやすくリズミカルに進んでとても楽しかったです。
うん。
お正月に家族で見てぴったりな作品ですね。

このお話の原作はもっともっと長いそうで。
いつかまた、こんな感じで三谷幸喜さん切り取って描いてくださったらいいな。
そして原作も読んでみたいって思いました。

山本さん演じる平賀源内さんも(へんな言い方ですけど)バランスよく自信家で自慢気でクスリっと笑えるところのある愛すべきキャラクターだった。
そして、特に草刈さん演じる田沼意次さんとの絡みがとても落ち着いていてしっくりして好きです。
特に庭でのふたりの場面。
まだまだそれぞれの先に光が見えていた頃、なんでしょうね。穏やかで明るくて、うん。どこかに切なさを隠しながら(これは未来人の感情だろーな)でも気持ちがよかった。ふっと笑顔になれるそんな心持ちになりました。

平賀源内さん、実は発明家だよなー?あと、キテレツ斎さんのモデルじゃなかったっけ?なんて記憶しかなくて、調べてみたらとんでもなく多才な人物でそして最期は悲劇であること、今回知りました。原作はそこもあるのかな?
(あ、キテレツ大百科絡みは記憶違いだったみたいですね。それも今回知りましたけど、、ってそこはいーか(笑)

この自信溢れる彼のこのあとの生きざまも山本さんで観てみたいなぁ、とっても観たいなぁ~~
は、はい。ファンの心理でございます。


さらりと通して見た感想です。
またじっくりと見たい作品になりました。


今年はどんな姿を見せてもらえるでしょうか。
ゆっくりのんびり、時に沈黙の世界に突入する最近のこの場所ですが、管理人、自分のペースで山本さんを応援していることには変わりありません。

舞台や映像。声のお仕事。
いろいろな形を心待にしつつ、また、一年元気に過ごしたいと思っています。
こんな感じではありますが
気が向かれましたら、たまに足を止めていってくださいませ。

今年もよろしくお願いいたします

ゆきゆき@管理人
スポンサーサイト
21:09 ***風雲児たち | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。