03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

劇団☆新感線 髑髏城の七人・花

2017/04/02


14:00開演
Cブロック センター(マグチケ)


私の初日
行って来ました。回る劇場!
で、まずは観劇の感想から

とりあえず、昨年WOWOWで放送された、前回の小栗旬さん主演の髑髏城を観てありました。
ので。
流れは一応知っていました。
山本さん@無界屋蘭兵衞の役どころも。

映像でみたこの作品はとても面白かったから、それを演出が変わった「生」でみたらどんな感じかな?と思って出掛けて。

そして。

俯瞰で観られる座席(物は言い様~)であったので、表情は全く見えないんだけれど、全体の動きはよくわかる。
回る客席と合わせて変わるスクリーン映像と展開される舞台の景色。

面白かったです。
というか、とても、目まぐるしかった。

日頃、とかく主役や主要人物に気持ちを寄せて観るクセのある私は、始め、流れにおいてけぼりになってちょっと追い付けなくて戸惑ったりもしたのですが、
途中から、スパッと見方を変えてみたら。

本当にエンターテインメントで
その時々の場面をそのまんま楽しんで、

念願だった山本さんの流れるような殺陣も沢山みられて。

楽しかった。

蘭兵衞さんの最期にはかなり色々思って辛くもあり他にも何だかんだ感じたんですけど…考え込んじゃそのあと着いていかれなくて、ね。

スパッと。はい。。。

そんな中で唯一、ね。
心がぐらり、と揺れたのは。

一幕の最後。
その蘭兵衞の姿、です。
物言わぬ後ろ姿。

そこは、揺れました。揺さぶられて目がうるみました。


まだ上演二日。
ちょっとことばが聞き取りにくい場面もあったり、音響が響きすぎ?なところも荒いな、と感じる場面も(^^;
でも、これから長い公演できっといろいろまた変わりますよね?

映像と回転と人の動き。
なるほどなぁ、上手いなぁ、と思うところも沢山あって、もう少しよゆうをもって観られるようになったら、また楽しい世界に気付けそう、でもあります。


うん。
初日の感想はこんな感じ、になりました。

以下、この建物に行き着くまでとか設備とかに関するあれこれ(覚書的な?)


初日の皆様のことばを参考に、
今回はゆりかもめで市場前駅着の行き方を選びました。



市場前駅から劇場がはっきり見えて、これなら絶対に迷いません。不安だらけの私もほっとしました。

劇場内は。
ロビーが予想以上に狭かった。
確かにソワレ。仕事上がりで向かった場合、食事を持ち込んでも座る椅子は客席に向かう通路に少しだけ。
メインロビーは狭い上にグッズやパンフレット販売でごった返しているので、ちょっと辛いなぁと感じます。
こんな感じ(階段踊り場より)

市場前駅はほんっとにものの見事に自販機しかないから、かなり苛酷な環境ですねー(^^;

そして幕間。
聞いておいてよかった!ロビーに出ようと思ったら、出入口がかわっていて、始めに入った所と反対側になってました。
回ってるんです!客席!!(笑)
あ、この客席回転は多少動き出しに振動を感じますがとてもなめらか。観ていて違和感は感じません。酔うこともなかったでした。
(代わりにゆりかもめで酔いましたさ~)

座席サイズは…ちょっと狭い。まわるから、かなぁ。あと、後方での観劇にはオペラグラス必要ですが、私は使えませんでした。
動きが、ね。
普通の舞台よりも激しいでしょう。
追いきれないんです。自分も動くしね。
ということで、役者さんのお顔は全く見えないから、やっぱり前方で観たいなぁ、が正直な感想。
舞台自体が低いのか、座ってしまわれると見えないし。

終演後の客席も出口を巡ってちょっと混乱。後方出口が使えないのか、回れ右して前方出口に向かわれる方々が出で、若干時間がかかりました。(この辺は劇場対応これから変わるかな?)

ま、これから!な所もあるのが新しい劇場ですよね。
日本初の劇場のこけら落とし作品を観られる幸運。
それを喜んで、これからも通おうと思います。
(ええ。山本さんの舞台ですから、もちろん一回だけの訳がないのです~)

次回はコージ友ではない友人のと観劇。
見逃してる所を一歩踏み込んで観られたらいいな、と思います。
スポンサーサイト
21:38 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示