05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今になって

2015/05/27
戸田恵子さんのブログに、公演終了後のことがUPされておりまして。

こちら

先ほど読んだら泣けてきた…です。


作品は、ラストに行くに従ってぐっとくるんだけれど、
私にとっては涙する作品ではなかったな~というのが感想。
涙、ではない、何か別のもので胸がいっぱいになってそのままカテコヘといったらいいでしょうか。

そして。

4回目に2階から見たとき。
本当にセリの上げ下げが激しくて、舞台上に大きな穴と小さな穴がぽっかりと開いている時間も多くて、
演出の妙も堪能したんですけれどそのために。

これは怖いだろうなあ、と実感もしたセットの動き。
このセットの動きもすべて把握して、その上で板の上で生きるんだ。役者さんって。
ほんとにすごいなあ、とも実感し。

戸田@ネリーさんはある意味一番の要。
セリフの多さもあるけれどその場その場を流れに乗せるきっかけの人でもあったわけで。
時系列を行ったり来たりもほぼ、彼女の語りからメリハリを付けて流れを作っていくんだから。
その重圧は本当に大きかったんだなあ、と。

なんかそんなこと思って。
そして。

悲劇だったからなかなかみんなで写真~ってならなかったと、集合写真をUPしてくださったそれを見たら。

泣けてきた。


ああ、本当に。
こんなおおきな作品を届けてくださってありがとうございました。
スタッフキャスト皆さんに感謝・・・感謝・・・。
心からの感謝。


やっぱり本日も。
ほぼ抜け殻です。。(苦笑)

楽日の感想いつUPできるんだろーかな~・・・
また、戸田さんのライブ行ってみたいなあ。
んで、耕史くんゲストだったら幸せだなあ。

なーんてことも昔を思い出して願っちゃったりもしましたです。

よ。
スポンサーサイト
21:38 ***舞台『嵐が丘』 2015.5 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示