06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

千秋楽続き~

2014/08/31
カテコにて。

今日こそはご挨拶があるのかしら?と思っていたらさにあらず。。
その代わりにプラス1曲!

演奏が追加されました。
その曲に合わせてダンサーさんたちが踊り、舞台から客席まで降りてきて、
森山さんも中心で踊ってくださって。

2階からは見えなくてちょっと残念でしたけれど、何度も歓声が上がったりして楽しげで。
いいなあ~という感じで見ておりました(笑)

そうそう。
いつもは役者さんたちの後に演奏者さんたちが登場して終わるカーテンコール。
今回はさらに裏方の方々も舞台上に呼ばれて。
なんだかすごくアットホーム。
そういえば上演中もそこかしこ、座る座席によって裏側も見える今回のセット。
ですから彼らもまた出演者の一人ひとり。なんですね。

白井さんのあたたかさ、かなあ。なんてそんなことも感じながらずっとずっと拍手してました。

兵庫は行かれないから、これが私の今回のラスト。
ほんわりとした気持ちを最後にいただいて、終了。はよかったな、と思います。


あとは兵庫にいく方々に託して~
(そして大阪10.11月も託して~)

しばらくは余韻にひたっていたいな、と思います。
っとそうだそうだ。
今日は上の子と2人での観劇でしたが、彼女。
1幕途中で急に「え?」と反応して。なんだ??と思ったら。

唯一の名前。「ミリアム」
その物語の元となった作品を昨年原文で読んだんだそうで。
原文でもやはり「ミリアム」はミリアム。
老女と少女の物語。老女は存在しているけれど少女の方は?
彼女は存在しているのかいないのか、とにかく不思議でいろいろに取れる作品だよ、とのことでした。
原文では読めないから(英語~~~)
友人が教えてくれた日本語での物語を読もうと思います。

上の子。最初に観た「ドリアン・グレイの肖像」も学校の課題だった作品なんだよね。
これで2度目だ~といいながら、某出来事も2度目だ~と言いながら。。劇場をあとにしました。




えっとえっと、、最後に。
迷ったけど・・・やっぱり書いとく。

観劇のときは座席にきちんと座って背をつけて。
前のめりになるのはやめましょう
ほんっとに。ほんっとに。。これは当たり前のルールです。。。
守ってください。。お願いします・・・・・。
スポンサーサイト
23:27 ***『Lost Memory Theatre』 2014 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示