05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

オーシャンズ11 千秋楽カテコ

2014/07/07
昨夜、取り敢えず一気に記録しようと頑張ったんですが。。
ちとオペラグラス&眼鏡使用しすぎ&若干水不足?
頭痛と吐き気でダウン…。
(久々に一気に書こうとして画面に酔ったかも・・・)

書けませんでした。

今日は幸い仕事はお休み。体力も復活っ。(やっぱり画面酔いかもなー)
書いてみますが…すでにかなり記憶の彼方に。

・・・ため息
ごめんなさい。


そうそう。昨日の当日券の列は600人を超えていたそうで。。
物凄い人数ですね。あそこに600人居たのか・・・。
そして。。くじ運の悪い私。友人はみんな入ることができずお力にもなれず…。
なので、ね。
かなたの記憶を何とか引きずり戻せたら…と思います。


以下、順不同、お話された言葉も正確ではないです。
いっそそんなニュアンスでした、と言い切ったほうがいいような状態。

とほほ・・・すぎる記憶力ですが、、もしお暇でしたらお付き合いくださいませ・・・(滝汗)


カーテンコールは4回。
その4回とも何とか話そうとする慎吾ちゃん。そこをエライっ!と思っちゃう私(笑)

一回目はお決まりのラスベガスから渋谷の街へ。。の後。
ことばが出ない慎吾ちゃんで、オペラグラス通してないので表情はっきり見えなかったんですけれど、
雰囲気は「感極まった」という感じ。
以下、カテコの何回目かはもうよくわかりません。覚えていることを一人ずつ追ってみます。

香取慎吾さん
終わりました。。という言葉を何度言ったかなあ。
本当に終わったのが信じられない(実感がない?)ですと続けて。
舞台と他の仕事を掛け持ちで、他の仕事をしたあと夜はここで舞台。。大変だった。
回を重ねるにつれて声が段々うまくなくなり、、どうしようと思っていたら山本さんが
「確実に最初よりも良くなっていっている。だから声のことを気にすることはない。そんな心配は不要です」と言ってくれて安心(心強い?)した、とも。
ワールドカップにも触れて、上演期間中にあったけれど日本負けちゃって…すっかり落ち込みました。
でもここにくるとお客さんのあたたかい拍手が待っている。だから毎日劇場に足を運べました。
これは3回目の時かな。
彼は舞台のキャスト、スタッフさんに向き合って深くおじぎ。
「皆さんのおかげでここまで来れました。ありがとうございました」と。
なんだかちょっとグッと来ました。これだけの立場でも皆に愛されるその一旦を見た気がします。

伊達ではないね。香取慎吾。(彼が惚れた人物だもん、当たり前か。←そっちに気持ちが流れるのはお許しを~)

2回目のカテコだったと思いますが主要キャストさんたちのご挨拶がありました。

霧矢大夢さん
 この舞台に立てたことへの感謝とお礼。そしてダイアナという女性への言及。
テスという女性に嫉妬心を燃やす女性だけれど、最後はテス救出に一役買うとっても使える女。
もしオーシャンズ11パート2があったならば是非オーシャンズメンバーに加えて欲しい。
あ、女性がダメなら男性もできますっ!と締めて客席を沸かせてくださいました。
私の中ではダイアナはとっても可愛らしい女性として確定してました。
ほんっと。今日もその嫉妬心や執着心を含めてかわいいなあ~って目で追ってました(笑)

橋本さとしさん
 おもむろに小さなポラロイド写真を掲げて。
「生まれて初めて本番の舞台上での生写真をいただきました。これは本当にこの舞台の記念品で大切にしたいと思います。」そして山本さんに向かって、「集合写真も後でラインで送ってね^^」
ベネディクトさんは完全に悪役で、悪役というのはたいていしょっと疎外感があって一緒にいたいのに居られない。。みたいなこともおっしゃって。でも最後はすっかり一員(@お笑い/え?)になってた気がするんですけど。。
なんにしても一番歌を歌い上げていらっしゃって、それがまたあまりに真っ正直な姿なのでどこかクスっと笑えて…。
回を重ねるほどにそんな姿、雰囲気に見えてきてとても不思議でした。

山本耕史さん
いきなりジョンソン先生の声で話し始めて(私にはさっぱり聞き取れず…)「もういいから」と慎吾ちゃんに止められくしゃりと笑顔(だと思う。。これは私の完全な妄想っ/^^;)
それからは普通の声でご挨拶
 おそらく本番の舞台中に写真を撮ったのは僕だけでしょう。(当然です)から始まり、思いがけず手伝った(ああ裏山・・・・)女性にお礼。そこで「ハイチーズ」ができたら欲しかったです~と言っちゃうあたりが耕史さんらしい。
どこまでやっていいのか正直自分でも迷いながら毎日舞台に立ち・・・(これは完全にジョンソン先生を筆頭にしたコメディ部分)ここで慎吾ちゃんが「そんなことないない」と手を小さく振っていたのが印象に残ってます(笑)
そして。10年ぶりの共演で・・・という言葉をまさか生で聞けると思いませんでした。
同時にこのあとの言葉が聞き取れなかったんだよなあ・・。とにかく拍手と歓声で・・・。
おもむろに慎吾ちゃんに握手を求めていつものように拒否されて。。
「こんな変わらないツンデレキャラの香取くん(?)ですがこれからもよろしくお願いいたします!」
と締めは慎吾ちゃんを支える立場に戻って終了。

・・・しっかしもっとお話くださったと思うんです。思うんですが・・・覚えてないよぉ。うわぁ~~ん。。
きっともっとしっかり記憶されてる方々がいらっしゃるだろうから。。し、調べてくださいっ!(苦笑)

観月ありささん
稽古場から本番、そして楽日の今日まで。
ミュージカル初体験の私はずっとずっと悩み反省し迷いながら舞台に立つ日々でした。
稽古場で香取くんとの場面でふたりでどうしていいのか分からなくてボーゼンとして。。(笑)
舞台の最後、ふたりで出待ちしながら・・・
・・・と話そうとしたら香取くんが突然「そこはいいから」とストップ。
一体何をふたりで話していたのかな~?
んっと。で。またまた記憶がすっ飛びまして締めは
「こんな香取慎吾と観月ありさを今後共どうぞよろしくお願いいたします」
あはは。山本さん受けてこうしたのかな?
舞台でのこういう挨拶って初めてだったな~。お二人共頼まれなくても間違いなく中心に立つ方たちなのに、ね(^^)
テスは本当にはじめは緊張感がこちら側にも伝わってしまうくらい固くて。
正直に言うとTVでの自由自在な観月ありささんはどこにいったんだろう?って思ってました。
それは私の観劇3回目まであまり変わらず。だけど。今日の楽は。動きがとても滑らかになってきて変わったなあと思いました。

そうだっ!2回目のカテコのとき。
慎吾ちゃんが挨拶してその最後にJUMP!の歌詞のフレーズを使い。。。
打ち合わせではそのまま曲が始まって全員でJAMP!を歌うはずだったらしいのですが、最初のタイミングではオケピが反応できず。。(忘れちゃってた?)
慎吾ちゃん、「ここで曲が始まる予定だったんですが。。僕的にはうまくきっかけを出したつもりだったんですが。。じゃ、始めからやり直しますか?」
おもむろに「では霧矢さん・・・」
後ろの皆さんみんな「えっ?」客席も微妙に「そこからかっ?(いやそれでもOKだけど)」
様々なツッコミに慎吾ちゃん「そんな全員で突っ込んでこなくてもいいですっ」←それをフッたくせに~(笑)
こういうやり取りはさすが上手いですね。
こういうの自然で慣れてるしあってるなぁ。。って思ってしまったです。

そして取り敢えず自分のきっかけを言って音楽が始まりもう一度JUMP!を歌ってくださいました♪
(目はしっかり耕史くんのみをおってしまった・・・)


4回目のカテコの時。
ひとりで登場した慎吾ちゃん。
霧矢さんに教わったという両手を片手ずつ広げてそれからお辞儀、というステージ挨拶をしたあとに。
キャストを皆またまた呼び出して(ここは主演さんだけでもOKなところですよね~)全員でまたご挨拶のお辞儀。
した後に。
「えっと。で、どうしたらいいんでしょうか??」と山本さんに思いっきり尋ねると。。
「え??もういいんじゃないですか?」とあっけなく答える山本さん。
その後イヤイヤ・・・というように手を振りつつ降りてくる緞帳。
その消えていく姿の中で慎吾ちゃんが
「大阪公演はいつからかな~?」とおっしゃってました。


・・・・爆


それは客席の皆さんがとっても知りたいことだろうな、と思うんですが。
いつ発表になるのかな~?(行かれないけど・・・)←しつこいっ!
でも何となく日程を知りたくてそわそわしてます。
 
スポンサーサイト
00:27 ***オーシャンズ11 2014 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示