09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

避けては通れぬ道

2014/05/13
まで、来ました。

聴いたり観たりしながら。

この回は。
土方さんと山南さんが顔を寄せて話し合ってるとこがめったにない場面でとても好きなんだけれど、
その先を思うとね。

ハードルがとっても高い1話なんです。


今回。みているとすごく役者さんたちの表情が気になります。
物語はよっく知ってる、と言えるようになったから、かなあ。

山本土方さんのどんどん冷たくなっていく表情は無論のこと、
山南さんの後半に進むにつれて(この回のね)迷いを覗かせる視線。
鴨さんの荒々しい中にとても弱いものを覗かせる姿。
新見さんの最期の表情。

そんなものに強く惹かれて加えて恐れながら観終わりました。


ここからがハードル高いんです。
ここで辛すぎて挫折するとまた多摩編からになるし、
何とか乗り越えても池田屋の先にまた大きな山があって。。

私はなかなか「組!」の後半を見ることができないんですねぇ。

でも今回は。
後半のその先。「組!!」後編が今週金曜日・・・ですね。

先週、前編を見ながら、なんだかもうひたすら辛かったから。
あ~~!!
どうなるかなあ。

また逃げてしまうかラストまで進むか。
今のところ…五分五分?です。
スポンサーサイト
23:26 新選組!・組!! | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして
組!ご覧になっているんですね。私も見たい気持ちと、今見始めたら何もかも放棄してのめりこむのが怖い気持ちの間でゆれています。組!!前篇見てしまいましたから・・・
とりあえず先日大人買いしてしまった「真田太平記」でも見て再来年への期待を膨らませましょうかね。
今にして思うと組!初回の山南さんの「通り(道でしたっけ?)を一本間違えた」っていう台詞はその後を暗示するような意味深な台詞でしたね。
組!大好きさん
「組!!」前編の放送の後、どうにも淋しくなりまして禁断のDVDを開いてしまいました(笑)私も見始めると延々続けてしまいます。何度も見ているのに魅力が尽きない。本当に大切な作品です。
本日「青箱」終了。いよいよ池田屋に突入です。。
確かに初回の山南さんの言葉は深く考えると切ない言葉ですね。お互いに決して恨み合っていたわけではないのがまた、この物語の辛さ、切なさです。

そして「真田太平記」!!!DVDですか?大人買いとはなんとも羨ましいです。私のなかの真田幸村はこの真田太平記の草刈正雄さんなのです。。(なんて話を三谷さん大河再びの話題のあと、丁度友人としてました/w)
只今、原作を読もうかなと思っているところです。
真田丸
太平記の草刈幸村はよかったですね。丹波さんの父上、渡瀬さんの兄上も素敵でした。個人的には耕史くんの幸村、堺さんの兄上がいいなーと思っています。丹波さんを超える父上は想像できません・・・
三谷さんのことですから太平記とは全く違う世界を見せてくださることと期待しています。
組!大好きさん~
真田家3人がベストキャスティングだったことをいま思い出しました。そうそう。父上を丹波さんだったんですね。
私は長年この作品は大河だと思ってまして、いまウィキして大きな間違いだったと教えられました(笑)

幸村を耕史くん、兄上を堺さん、、って。。うわぁ~素敵すぎます!!これはいいですねー。良すぎますねー。観たい。。みたいです。このキャスティングで「真田丸」
これから変更してもらえないかしら?(笑)

管理者のみに表示