08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

今年もお世話になりました。

2013/12/31
年の瀬。
今年も変わらずこの場所にいることができました。


本当に怒涛の一年間だったなあ、と思います。

1月に「薄桜記」保存媒体発売に伴うイベント。ここで思いがけない握手券!
2月にはモーツァルトに魅了されサリエリに心を奪われ。そして、この舞台はずっと願っていた希望が叶った舞台でもありました。
並んで立つ姿を並んで観られたことが夢のようだった。。(幸)
3月はプレミアムドラマ。。
4月から5月はおのれナポレオン。ここでは劇場での楽しみがすこ~しいつもよりも濃く。切ないこともありましたが楽しんで。
6月はぴんとこなの撮影情報?
7月にはもう一本舞台があるよ~なびっくり情報。そしてぴんとこなOA。
9月はヴォイツェクの様々なものに翻弄されて過ごし、
10月は完全に今年一番の作品は「音楽劇ヴォイツェク」だ!と叫び。
11.12月は来年の情報にニコニコしつつヴォイさんを恋しく思って過ごし。
年の瀬。ラストに「組!」忘年会が10回目であることを知って感無量…。


12月にプチ忘年会をした友人に典膳様DVD発売が今年だったことを言われて、そのあまりの遠い感覚に驚いた私。
本当にがっつりと観なくてはいけない舞台が3作品もあったこと、
そのどれもが彼の新たな姿を見せてくれ、特にラストのヴォイツェクでは力の限り演じる、生きるということはこういうことなんだ、という姿を見せつけられ。


なんとも贅沢で幸せな一年間であった、と改めて思います。
新しい出会いもあり、本当に楽しい一年間でした。


この場所は年々おとなしくなってはおりますが 内に秘めたものは変わってませんのですよ。
テンションがぐぐ~んとUPするときもあれば、穏やかに凪のようになってたゆたっていたい時もある。
凪の部分が増えていくのは 私の中でより
気持ちが安定してきたってことで
なんていうか、それもまた今年は個人的に嬉しかったりもするのです。


それでもとにかく、目を離すとあっという間に置いてけぼりになってしまう彼。
来年もまた変わらず追いかけられるように
日々、元気で過ごせたらいいな、と思っています。


こんな隅っこの場所に変わらず来てくださる方々にこころから感謝。
おかげで止めないで続けられております。
ありがとうございます<(_ _)> 



最後になりましたが。
今年一年、大変お世話になりました。
みなさま 良いお年をお迎えください。


ゆきゆき@管理人
スポンサーサイト
09:00 ひとりごと | トラックバック(0)