10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

おのれナポレオン 千秋楽

2013/05/13
5月12日(日)

14:00開演
上手う~んと後方席

6回目




まずは純粋に、今日の舞台の感想のみUPします。
諸々はそのあとに。



一昨日よりも昨日。昨日よりも今日。今日よりも明日。。。
そんなことをふと思って望んでしまう…観劇後の状態でした。


昨日の前楽。
一夜明けて今日の大楽。

昨日はとにかく新しい作品を追いかけること。
その中でついつい「ああ、あそこがない」「ここはこうしたのか」「へぇ。上手いなあ」「残念…だなあ」
と、天海さんでずっと観てきた作品と宮沢さんに変わった作品とを比べている自分がいました。
極力そういう事はしたくない、と思って望んだのだけれど、
役者さん達とは比較にならないけれど、、客席も。

天海@アルヴィーヌで4回観ている私は、この作品のリズムを流石に知らず知らず覚えてしまっている。
だからなんていうか、、ところどころでリズムが違うことに戸惑い、でもちゃんと引き戻してくれる男性陣の力で
新たな舞台を改めて堪能する。そういう日になっていたんだと思います。
頭の切り替え、、目一杯遅いし…(苦笑)


そして今日。大楽。
新しい舞台の一通りの流れを知った上で、観る今日。
泣いても笑ってもあとたった一回のおのれナポレオンの世界。

上手後方。後ろから2列目で見たこの世界は。

全体がまた少し、変わってました。
いや、セリフや動きが変わった訳じゃない。
「輪」っていうのかな。。あ、「一体感」かな。

5人の男優と1人の女優。
6人が昨夜よりも一体になって、流れがなめらかになっていた。

楽日ということで男性陣はかなりオーバーアクション。
そうでなくてもエッジが立つよう変わっていた場所を更にくっきりと体現し、客席を巻き込み楽しませてくれ。
その中でりえ@アルヴィーヌもまた、柔らかくそこに居ることを安心している、、ように感じて。
夫であるシャルルとの間の違和感が薄れて近づき、ナポレオンとの間はさらに柔らかい女性として存在し。
したたかというよりも、目一杯「女」として描き直された「アルヴィーヌ」という人物がやっと、この場で動き出したなあ、、なんて。あの。何様状態な感想ですけど、、そう思いました。

ハプニングもちらほら。
一番大きいのは、なんと山本@モントロンさんが、ラストの謎解き部分で目一杯セリフをかんじゃったこと?(笑)
うにゃにゃにゃ~~となったとたんに「もう一回!」と宣言して言い直し、、でもなんだか。。言い直した言葉もてにをは…違ってませんでした?(笑)
そして宮沢@アルヴィーヌも。あれはそうだと思うんだけど1回。
えーっと。マッサージしながらピアノも弾こうとする部分だったかなあ。
ピアノの鍵盤を「バンッ」っとたたいてベッドにいるナポレオンに戻ってくるところで、、、
走る勢いが付きすぎて止まれず…。完全に野田@ナポレオンにのしかかってしまい。。(笑)
きっと、舞台が傾斜した床になっていることもあったと思うのですが、なんだかお腹を打ち付けちゃったのか、、痛そうでした。。と言いながら笑っちゃいましたけど。

銀杯を片手にダンス(違)するところは、わ~い!私、初めてピルエットでしたっけ?くるっっと見事に回るモントロンさんを見ることができました。
型をきっちり。。やっぱりこの方ホントに器用!バレエダンサーも務まるんじゃないっすか?
そして液体を投げあげて杯で受け取るところも、なんだかすっごく意地悪~く(w)楽しくやっていて。
野田@ナポレオンが遺書にサインしてるところ、、見そびれましたです。。(ごめんなさい)

ハドソン・ロウさんはセリフの言い回しを変化させることで(彼は飛び跳ねたりしちゃダメですもんね)役をはみ出さずに何気なく弾けている雰囲気を出してくださったり。

なんだか皆さん。。本当に上手い!なんて安心できる世界だったんでしょうか。


大楽は。
いつもいつも終わって欲しくない、と思う日。
これでもう、この年のこの時のこの人たちの舞台は終わって二度と見られない。
それを毎回淋しく思う、日。

そこに加えて今回は更に。
あと1週間あったら・・・と思ってしまった。
舞台は生き物。
稽古場から本番への変化は本番中も続き、より高くより綿密に…プロの役者さんたちはその作品に命を注いで昇華させる。

天海さんでずっと作り上げられて更に変化して高みに登ろうとしていた世界は、また後日へのお預けになった。(と思うことにしている)
そして更に。宮沢さんで作ろうとされた世界は、短期決戦ならではの緊迫感とプロの意地も含ませつつ、ここまで作り替えて登ろうとしてくれていた。

だから。
なんて言っていいのか・・・上手く表現できないのですが。
いつもの倍。
2度と観られないことへの淋しさと明日もやってほしいと思う願望を、、カーテンコールをしながら感じていました。


(つづく)
スポンサーサイト
12:17 ***おのれナポレオン 2013 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示