06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

おのれナポレオン 5回目

2013/05/12
5月11日 19:00開演

前楽、です。


昨日から再開できたこの舞台。
舞台は生ものなのだということを、今回心底思い知らされて、
ここ数日は一喜一憂。
泣くことも笑うことも。。。


そして私が観る、5回目の「おのれナポレオン」


以下、今の時点での思いつくままの感想です。
もう、ネタバレは気にしません。。ので。はい。

明日もあるから、上書きされるまえに、、眠れないから勢いで書いちゃいますです。
乱筆乱文悪文・・・多謝。。<(_ _)> 




昨夜から感想を追っかけていたので、大体の違いは事前に知ってました。
でも。

細かい違いよりも何よりも。


全体の印象として。
これは違う作品だな。と思いました。

セリフや動きの細かい違いや何かも上げればたくさん。
りえさんの負担を上手に減らし、うまく作り替えてでも本筋は全く変えず。
この2日間で三谷さんは台本を本当にうまく変更されていて、さすが。
アドリブって記事があっちこっちあったけど、あれは全部三谷本ですよね。
ちゃんと計算されたりえさん用の台本になったんだな、と思っています。

だから世界は変わらない。世界観も変わらない。
男性陣のみの場所もほぼ、変わらない。

でも、違う作品。

6人しかいない舞台の、更に紅一点。
そこが変わることの大きさ。

そういえば、モーツァルトだってそうだった。
主役二人が入れ替わると、それはもう、同じ世界だけれど全然違う作品。

それを今回は全く別の形で観せてもらった。そんな感じです。

宮沢りえさんになったことで。
ナポレオンとアルヴィーヌの距離はとても近くなっていた。
ナポレオンに寄り添うアルヴィーヌ。そんな雰囲気がそこかしこにあり、それは財産目当てで側近として近づいた時よりも前。ナポレオンに追放されたときからすでに彼女の目はナポレオンに向いているようでもあって。
島での二人の絡みは、アルヴィーヌがナポレオンに夢中になっていることがよく分かり、
だから。
ラスト。島から娘を抱いて出て行くアルヴィーヌをナポレオンがあっさりと見送る場面は切なかった。
捨てられてしまったんだ、、という感じが強く伝わってきて。

その反面。
ナポレオンを殺そうとする場面は、動機が弱いかなあ。天海アルヴィーヌは恋しているけどどこか隙があれば食いついてやるっていうような勢い。。たくましさ。。があって、殺してっ!と叫ぶ場面の迫力は半端なくあったから。捨てられるくらいなら私が殺す、という意思の強さ?かな。

そして、そんな新たなアルヴィーヌは、シャルル・モントロンとの距離がそこはかとなくあり、最初は近しい間柄(変な言い方だなあ?)だった天海・アルヴィーヌとは明らかに違うな、とも思う。
アルヴィーヌは本当にシャルルが好きだったのかな?その逆もまた。。なんて、途中で思ってしまいました。(これは天海さんでは感じなかったこと)

と、まぁ。ついつい山本@モントロンのことが一番気になりますが他の方々も。
ナポレオンもアントンマルキ先生もハドソン・ロウも。
小柄で女性らしいアルヴィーヌに合わせるようにどこか軽妙な感じが強くでて。

作品全体を、より明るく軽やかに変化させてくれたように思います。
(きっとそれは。いま病と戦っている天海さんへのエールもあるんだろう、、とまた勝手に思っていますが)


取り敢えずそんな感じ?私の今の主観は。

そして。
カテコ3回。初めから立つ人たちもちらほら見える客席。
2度目のカテコでりえさんを出演者皆で拍手。そこで劇場内大きくスタオベ。
3回目に出てきてくださったときは野田さんがすっと両脇の二人に手を伸ばし6人で手を結んで万歳の形で答えてくださいました。

ここに天海さんがいたら。。。そう思って切なくなったことは私の心の中に収めて、
とにかく繋げてるために引き受けてくれた宮沢りえさん。
彼女を包み込むように支えて、でも支えてるなんてほとんど見せずにサポートしつつ見事に別の作品にしてくれた野田秀樹さん、山本耕史さん、浅利陽介さん、今井朋彦さん、内野聖陽さんの5人の男優陣。スポットライトを浴びないところで奮闘していたはずのスタッフさん達一同、そして三谷幸喜さんに。

力いっぱい拍手して感謝してじ~~~~ん。。と胸をいっぱいにして。

劇場をあとにしました。



 あ、そういえば。今回私、抱きしめたい~~~っていうあの訳のわかんない衝動には駆られなかったなあ。
 ここも変化、、なんだろうな。これは自分の中でも説明つかない衝動なんで理由は書けませんが。

スポンサーサイト
01:39 ***おのれナポレオン 2013 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示