09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

おのれナポレオン 2回目

2013/04/10
14時開演 ステージシート 上手側


実質、私の本公演初日、といっていいのかな。
前回はプレビューの1日目だったので、イロイロ。。客席で感づくこと以外にも細かいところで違っていたようですし(↓記事みたいな?/笑)



えーっと。
ネタバレ、です。
というか、に、なると思いますm(_ _)m。


以下、お気を付けくださいませ。。。







今日の舞台。
観終わって思ったことはまず。

なんて幸せなんだろう・・・

ということ。

この感覚がこの舞台に対して当てはまるのかどうか。。内容からいったら疑問もあるのだけれど。
だけれどもとにかく私は。
たっぷりの幸福感に包まれて、なんだかとてもとてもやさしい気持ちになって家路につく。

こういう感覚を持ったのは、これまでの私の短い観劇歴では初めてのこと。
それも、とてもやさしくて穏やかな幸福感なのです。
それは、いまも続いています。

2月のモーツァルトでもすごく幸せだと思った。
けれどその感覚は、どこか華やかな打ち上げ花火。
煌びやかな世界に身を置いて翻弄されて魅了されて目一杯力尽きる。。そんな感じ。

けれど、今回のナポレオンは。
例えるならば手持ちの花火?(線香花火では、ない)
きちんと最初から最後まで、色の変化もリズムの変わり目も自分の目できっちり観て消えていく最後までを静かに楽しむ。
いや、おとなしく見ている訳ではなく、ある意味ずっと舞台上の人たちに魅了されながら大笑いしたり考えたりするんだけれど、、それでもどこか、とても穏やかで優しいんですよ。見ている私の中の人が(ダレ?)。

これはもう。
三谷ワールドってことなんでしょうか。
6人全員が「主役」と山本さんがおっしゃっていた、それもよくわかるし、
けれどもナポレオンの手のひらの上で翻弄されているだけの4人、という状態もとてもわかる。
ひとりひとりの物語が、過去から現在まできちんとあって、だから彼はこういう行動をした。だからあの人はこうなった。そして彼女はこう走った。それがみんな、ちゃんと個々の生き方の上に必然として描かれて。

それはもう。。物語のはじめから終わりまで、すっかり魅了されて夢中で楽しむことができて。

劇場を後にしてからぐぅぅぅぅっっと。
幸福感が胸の中に広がって包まれた。

やっぱりミステリー小説を読むように感じた全体の物語進行。
今回はすでに一度最後まで読み終わっているから、最後の情景まですべて知っている。
わかった上で読む再読の、その楽しみはやっぱり全てわかった上で張られた伏線を見届けること。
そして前回夢中で駆け抜けたが故に気づかなかった細かいところに気を配ること。

理解力不足の私には、まだまだ気づけないことも多々あるだろうけれど、
でも。
今日の観劇では小さくアドリブ(かなあ?)が入って変化している部分とか、
大きく全体の雰囲気に漂う本公演としての緊張感というか、ピリっとした心地良い空気とか、
いろいろをまた感じ取ることができて面白かった。
野田@ナポレオンの奔放さの中に隠されたちょっとした仕草での計算?
他の4人がアダコダやっているところを見ている時の実は企んで躍らせている?と思わせる表情?
こういうところは、ラストを知ったうえだから気付くというか、知ってしまってるからそう深読みしちゃうのか、でもだからといって物語の流れに逆らうものではないから楽しめて。

そしてステージシートならではの役得もあり。

今この時(作品)を切り取って手元に残しておくことができたならば、私はほかにはなにも望みません。。。
とまで思ってしまう。

この数日でまた、格段に各自の絡み方や間合い、せりふや動きにメリハリが付いてキレがあり、それでいてとても自然に流れていく空気感は抜群で。。

誰が、ではなく。誰もが。
もう、目が離せなくて困ってしまっています。


幸せです~。なんともかんとも、、とにかく幸せ。嬉しい限り。。
(もう楽日のような感想になっちゃった。。けどまだ始まったばかり~~~~!!)
カーテンコールで正面を向いて一列に並ぶキャストの皆さんの後ろ姿を眺めながら、
み~~~んなみんな、ぎゅうぅぅぅぅぅ~~~っと抱きしめたい!!
と、思ってしまいました。。とさ。(逃)
スポンサーサイト
22:32 ***おのれナポレオン 2013 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさま
あああ、ごめんなさい。
そうか。そうですよね。そう感じられてもしかたない書き方だったかもしれないです。。
ほんとにごめんなさい。浮かれたまま突っ走ってしまった。。。

明日初見でどう感じられるか?ですが、ステージシートの良さもたっぷりあるのです。それは確かなの。
鍵コメ様がどちら側かがわかりませんが、仮に下手側だとすると、もしかしたら、更においしい表情が見られるかもしれません。上手側からハドソン・ロウさんの表情はほぼ全部?がっつりはっきり観られて感じられましたから。

当日券。
連日相当な人数が並んでいるようです。
ちなみに、平日昼間だった昨日は立ち見の人も鈴なりではなかったですが2F最後部にも何人かいらっしゃいました。「行って並べれば入れるかな?」って思ったんですけれど。。。どうなのかなあ?休日や、平日夜の部はわからないのですが。
ライブビューイングが当たればいいですが、そうですね。生はやっぱり生で違いますものね。。
当日券でできれば…観ていただけたらきっと、更に楽しめることは間違いない、と思います。

ごめんなさい。贅沢な身でこんなことしかお話できなくて。
明日、鍵コメさまが心から楽しんでいらっしゃいますように!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさま~
よかった!楽しんでこられたようですね(^^)
なんだか、似たような位置でみられたのかな?
私は足元まで気がつかなかったなぁ。
もうあとは遠くから全体を見届ける席なので、再度確認できないのは残念だ(笑)

ナポレオンをボコッっと殴る時の効果音には感動してきましたけど(って何見てたんでしょうね~♪)

確かに舞台から客席って案外はっきり見えるものだな~と私も思いました。
何度か客席眺めて、笑ってるなあ~楽しいなあ~なんて。。
ステージシート。
いろいろな方向から観られる機会を設けてくださるのは、やっぱり嬉しいことですよね。
役者さんたちは大変でしょうけれど。

DB展。そうそう、15日までみたいなんで、この日曜日にとにかく行ってきます。
楽しみo(^▽^)o

管理者のみに表示