09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

清盛ファイナル

2013/03/17
清盛ファイナル


3月17日・15時(開場14時頃)から、東京大学の福武ホールにて開催。
番組の磯P・柴田D・本郷先生・吉松隆さん、そして藤本隆宏さんごが登場。
約3時間、皆様と番組について、まったり語りあうイベント。入場無料・入退場自由です。
清盛公式Twitterより



友人に誘われて。
当初全く予定していなかった懐かしの平清盛最後のイベントに出かけてきました。


会場は東大。
赤門を入ってすぐってことで、ちょっぴり東大見学気分も交えつつせっかくだから写真もパシャリ
赤門だ~! 気分は完全におのぼりさん

さてさて。
会場の風景やなにかは、Twitterでバンバン流されていたみたいですので。
(磯Pさん(だと思う)が、写真もツイートもどんどんOK。ただし人物の写真はご本人の了解が必要です、とおっしゃって、なるほど今までもイベントのツイートとかこういう具合だったんだな~とわかりました。)

以下、ざっくりと様子など。




開場直前にホールに着いたのですが、早い方はお昼すぎからすでにいらしたそうで。。
清盛熱の高さにまず驚き。
どことな~くもしかして頼長様目当て?な雰囲気の方々も感じつつ。。
入場が始まったらまずびっくり。
はがき。
予想もしてなかったのですが、はがきをいただくことができましたっ。
ポスターをハガキ大にしたものと、そこに映る人たちのひとりひとりのハガキセット。
まさか、最後の最後に手にできるとは…。頼長様も…いたっ!!(と開場で確認する私/笑)
もう、それだけでも行った甲斐がありました。

そして、集まった人数にもびっくり。
180人収容のホールに400人近くが来場したそうです。
本郷先生が大学内から椅子を集めてくられて(ご自身で運んでいらして驚きました)、でも全然足りず。
結局立ち見がたくさんの状態でのイベント開始となりました。


最初はお題に沿ったトーク。
その中で印象に残ったのは、作曲家の吉松先生の意外な熱血っぷり。
吉松先生は、私は「Dr.コトー診療所」の曲を手がけていらしたことから知っておりましたが、
穏やかで澄んだ曲調で今でも聴くサントラは私の気分が荒れている時にとってもよく心を鎮めてくれたりしているんですが。
根っこにはロック魂というか反骨精神というか、、熱血作曲家、、というか。。。
お話もかなり踏み込んで濃いし、N響の収録の日に叱り飛ばしたとかいうエピソードまでお持ちとのことでいやぁ、驚きました。

それでも作り出される曲はみんな、どこか透き通って感じるんですが。

清盛でいったら今様も10曲ほど書かれたそうで、普段も雅楽も作られるとか。
幅広いんですねぇ。。作曲家さんって皆さんこんな感じなのかしら?
そして柴田Dと打ち合わせ中に生まれた合言葉は、
「今様は平安のプログレッシブ・ロックだ!」だ、そうです。
当時からしたら、今様は最先端の流行歌。なのだから、と。

妙に納得いたしました。

そして今回の作曲作業は撮影前に終わっていたとのこと。
確か「組!」のときは週に何回もNHKに通ってその都度曲を作ることもした、と以前読んだ覚えがありましたが、
そういうつくり方と今回のように最初に全て作ってしまうやり方も今はあるんだそう。
吉松先生は、ずっと通って作るのならば断るつもりだったそうです。
気力、体力的にも、とおっしゃりながら、「エネルギー溢れるところで一気に書き上げる方がいいと思った」と。「物語の後半になって作曲に疲れきって作るのでは良くないから」
そんなことには決してならないでしょうけれど、でも。
そうして先に作った楽曲の数々を各場面に当てはめて映像を作り上げていく。
すごいことをしているんだなぁ。。って感心しきりです。

他にもモロモロお話があったけど、その辺りは端折っちゃいます。

で。
第二部(?)で、それぞれのキャストさんたちのオールアップ映像上映。
…正直、これがあるから行ってみようと思ったわけで…
磯Pさんのおっしゃるとおり、結構面白いそして衝撃もある映像の数々でした。

衝撃っていえば、一番最初のオールアップの人。
そう。清盛の本当の母上舞子@吹石さん。血だらけの上に矢が刺さったままの姿で花束もらうって…(^^;)
いやもう。。なんか痛そうで(笑)ほんっとに撮影終了した途端なのねーと。

そして。
藤原忠実@國村隼さんのアップシーンには、オウムちゃんを抱きしめての「息子よーーー!!!」の映像が流れた後。(この場面、これで2回目ですわ。最初はもちろんOAの時。あれ以来録画編集してから観られない筆頭場面だからなあ。。)
花束贈呈は、、、これまた血みどろ状態の、、、そう。息子から。
「息子からです」って一言おっしゃってました。山本頼長様。。
國村さん、声が枯れる状態でご挨拶されていて、、あのラスト。熱演でしたもん。。。

とくれば次は。一番のメイン。
藤原頼長さまのオールアップ。
映った映像は息子たちに自身の考えを説き、教える場面。そこがラストだったんだなぁ。。(シミジミ…)
そして終わったところに花束は、、信西@阿部サダヲさん!
なんか~。二人の場面も流してっって。。。思いつつ、いろいろ考え込んだ二人お揃いの場面です。
花束を受け取るときの山本さん。ちょっと驚いていたかな~。
そして一言がまた。。。こらこら。あの扮装でコージくんに完全に戻っていて(爆)
「明日から男をだ…以下自粛(笑)」
その後さらに自分で自分に突っ込んでました。もぉもぉ。。笑い取らなくていいからぁ~~!!
と思いつつ。
映像に向かって盛大に拍手っ。

その後も懐かしい方々が次々にアップする映像が写り、
確かにほぼ全員網羅されてました。
で、面白かったのが重盛さん。
彼、、、2回オールアップしてるんです(笑)
重盛さんは良かったんだよなあ~と思い出しつつ、いいじゃん?2回オールアップっって思っちゃいました。


その後第三部(?)でまた、ゲストの方々が登場して質問とかゲームもしたいという方針のようでしたが、
残念ながら私はここでタイムオーバー。
ちょうど休憩に入ったことからちょっとほっとして、このイベントを後にいたしました。
日曜日じゃなかったらなぁ。。とちょっと思いました。

平清盛。
様々なことのあった一年間を、でも松山ケンイチさんを中心にして命をかけて作り上げていたのだな、という「熱」は十分に感じられ、あの中ではかな~り偏ったファンでありましたが、行って見てよかったって思います。

また、頼長様にお会いしたくなってしまったと同時に、
最終回をもう一回見とこうかな?なんて、、ね。
奥州藤原氏のあたりは完全にリタイアしてしまっていたけど、ほそ~くでも見ておけばよかったな?
なんて、ね。

思ってしまう、会場の熱気でした。

行ってよかった。
誘ってくれた友人に感謝~。動けた自分によくやったっ!です(笑)
スポンサーサイト
23:01 ***2012大河「平清盛」 藤原頼長 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
機動力。
ゆきゆきさんお疲れ様でしたー。
矢っ張り機動力がものをいいますよね。愉しまれた様子が伝わり此方も楽しく拝読しました。
私は昨日誘われたイベントの疲れか、行く気満々だったんですが急遽諦めて大人しく墓参りに予定変更して仕舞いました。真夜中に突然の吐気が・・ちゃんと寝ないと駄目デスね(苦笑)
ツイをみて盛り上がってるなぁと一寸羨ましくなりました(笑)
一番のお目当ての映像が視られて良かったですね♫
総集編にオールアップ映像が入るとツイでみたので、そちらを楽しみに待つ事にします。
あと今回の様子が活字で付くともみたのでそれも楽しみに。
しゆ。さん~
あらら。
しゆ。さん体調戻りましたか?お彼岸だしお墓参りも大切(^^)私は遠いからおまいり行かないなあ。。(慌てて田舎の方向に手を合わせてみる・・・/汗)疲れたときは無理せずに!です。うん。
でも、、ちょっと残念でしたね。

ファイナルイベント。予想以上に楽しくて、途中でリタイアしなくてはならないのが残念でした。こうして参加してみると、ドラマへの思いとかいろいろ当事者様たちの気持ちが直接伝わってきていいものですね。
頼長様映像がある、ということを知らなければ行かなかったし、友人に誘ってもらわなければ日曜の夕方は非常に出にくい時間なので諦めたと思うのですが・・・。頑張って行って良かったです。

なかなか、面白いオールアップ映像です。なんていうか、、みんな死んじゃうのよね~って思いも改めて感じつつ一年間走り続けた松ケン君にお疲れ様でした・・・って思いました。大河ドラマってやっぱり大変だ~!
総集編DVD、楽しみにお待ちくださいませ(^^)
ゆきゆきさんこんばんわ
東大でおこなわれた「平清盛」のファナルパーティーでの
総集編をご覧になられたんですね
Twitterでこの総集編のDVDが発売されるとゆうことで
楽しみです
ruka339さん~
こんばんは。
えっと。見たのは総集編ではなくて各キャストさんたちのオールアップ映像でした。TVで年明けにあった総集編がDVDになってこのオールアップ映像が特典かな?
今回のファイナルは活字ですがそのDVDにレポが載るそうです。
楽しみにしてくださいませ(とっても盛況なイベントでした!)

管理者のみに表示