07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ロックオペラモーツァルト インディゴバージョン 千秋楽

2013/02/17
2月17日
シアターオーブ 17時開演 1階上手


昨日後悔すると思って突撃したルージュバージョン。
そして今日は、このソワレ、17時開演分を持って、東京公演終了。

インディゴバージョンで、千秋楽です。




でした。



今、何を書いたらいいかわからない。
実は、終わったあとから気持ちが一杯いっぱいで、
なんというか、こもりたい。
ひとりでまぁるくなって、こもっていたい。

そういう想いがとても強いのです。



インディゴバージョンは、私の中で今日まで完全にしっくりは来ていなかった。
どこかに違和感、物足りなさ、、居心地の悪さを抱えて、
でもポイントポイントはとても印象深い。
山本さんのモーツァルトへのアプローチは自然で観ていて心地よく、
スポット的な物語を上手に流れに乗せて進めてくれる、その雰囲気作りも素晴らしい。
なのに。
イヤな訳ではなく、全体としてきちんとまとまっているしグッとくるし好きなんだけれど、
そこのどこかに刺さった意味のわからないトゲが気になる。とても。

そんなバージョンでした。


それが。
今日。
千秋楽の山本モーツァルトを観て。聴いて。感じて。

初めて、自分の中にストンっと素直に落ちてきて静かに着地して落ち着いてくれた。
ああ、これが山本モーツァルトなんだなぁ。。と、とてもとても納得してただ、その流れに身を任せる心地よさを感じて、ただただ、幸せで。

そんな日が。
その日が。

千秋楽。
もう、東京はおしまいの、日。

しかも夜公演だから、、そのまま当日券に並べない!!??(って当たり前~~~!!!)


私の感覚のにぶさ、重ならないとわからない理解力のなさを、こーんなに残念に思うのも久々です。
それが私だ、と分かっているけれど。

ちょっと。。辛いよ。


愛おしくてやさしくてやんちゃでまっすぐで不器用で、、とても、頑固。
そんな、目の前に生きるモーツァルト。


今夜はずっと、そのモーツァルトと共に過ごしたい。
そーんなことまで想ってしまう、今の私、です。




ロックオペラモーツァルト。
キャスト、スタッフ、関わったすべての人たちに感謝。
そして、主役の二人を二役で両方演じる、という企画に感謝。
受けてたってくれたお二人に感謝。

そして、連日客席を埋めた観客に拍手!(昨日はオーブ観客動員数史上最高だったそうで!!)

あっちにもこっちにも感謝して。
取り敢えず、本日はお仕舞い。


また、もう少し落着いたら。
書く、、かもしれません。

そんな中、話してくれた友人の山本モーツァルトへの印象。

「山本モーツァルトは、人間を描いているんだな、と思った。モーツァルトという人物への世間一般のイメージではなく、その時代に生きていた人間としてのモーツァルト。」


なんて素敵な感想でしょう。
くどくど、訳のわかんないこというよりも、この一言で、山本モーツァルトの生き様がするっと理解できる。
そう、思いました。

なんか、あんまり感動したんで、書いちゃう。ここに。





生き抜いたモーツァルトに、、、乾杯!


 そして、大阪は託した!!(え?)

スポンサーサイト
23:43 ***ロックオペラ モーツァルト 2013 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
16日マチソワ、17日マチネ観劇しました。
まだ現世に戻れない…
いつまでも余韻に浸っていたい…
やっぱり舞台での山本さんは最強です。
おまけに、あのビジュアルにあのプロポーションにあの衣装ですよ。
そして何よりも大好きな耕史ボイス、体と心にガンガン響いてくる歌声。

お友達のお言葉に私も激しく同意。。山本モーツァルトは人間モーツァルトでした。
以前、「毎モ」で様々な局面でのモーツァルトの手紙を読んできて、一人の人間としてのモーツァルトを感じていた。
それが山本モーツァルトのある意味土台かも。。
公演前のインタビューでもそのようなことをおっしゃっていましたね。
それを舞台で観せてくれた、観客にそう感じさせてくれた。
すごいことです。

大阪に行きたいよ~(涙)
ゆきゆきさんおはようございます
ロックオペラモーツァルトが上演し、昨日の千秋楽まで
読ませていただきました
昨日の千秋楽はさぞ盛り上がったことでしょう
大阪公演千秋楽(お昼&夜の部)観ますので
レポしますよ
ゴロさん~
現世に、、戻れませんねぇ。
ほんっと、許されるならしばらく、なぁ~んにもしないで余韻に浸っていたいです。
今回の耕史ボイス。
後半に行くに従って上り調子になっていって、
ラストは最高の歌と踊りと演技…だったんじゃないかなあ、と思っています。
舞台上から劇場全体を掴んで作り出したモーツァルトの世界に連れて行ってもらった感じ。

ゴロさん、16日は同じ場所にいたんですね。あはっ。なんだか知ってそれも嬉しい!

人間モーツァルトは、山本さんだからこそ作り上げられたもの。
直筆の手紙に触れていた1年間がこんな形で目の前に具現化されるなんて。。私たち、ものすごく幸運ですよね。
本当に。。すごい。
本当に、、感謝。。

私も、、大阪行きたいですぅ~~~!!(涙)
ruka339さん~
こんばんは。

東京が無事に、、本当に大盛況で終わりました。
次は大阪。
目一杯、モーツァルトとサリエリの世界を堪能してくださいね。
楽日のスカイツリーはインディゴバージョン(笑)
本日は、朝起きた瞬間から、仕事中もずーっとモーツアルトの歌がグルグル回って気がつくと独りニヤニヤ・・。口ずさんでいる自分。
大阪は土日が赤青一日で一回づゝと知りとっても行きたくなって仕舞いました。
せめて楽日に車で日帰りで!なんて一寸危険な考えがぐらぐらしてます。しかし此ればっかりは無理は出来ないので気持ちは豊かになってますが財布は寒い(泣)せめて昨夜コングさんがおっしゃった通り再演を希望するしかないデスよね。
両サリエリがハケる時の様子とか、も一回確認したい〜なんて色々反芻して、ゆきゆきさんのお話を読み記憶の風化を防いで、も一寸浸っていこうと思います。
・・・矢っ張り大阪行きたいデスねーー。


しゆ。さん~
そうなんです!大阪は一日で2度おいしいんですっ!
これは日程を見た途端に行きたくなりました。
なんで東京はこのパターンないんだ?なーんて事まで思いましたよ(笑)
行きたいですねぇ。。大阪・・・。
けれど。。
やっぱり私も無理。
これ以上時間も先立つものも注ぎ込むことは出来ません。
ルージュ楽日に当日券に並べたことで満足するのが私らしいかな、、。

サリエリラストのご両人、、ですか。
うん。私もちょっと確認したいこと、あるなぁ。
あそこに立った時のご両人は何か全く別の心を持って立っていたように思うんだけど・・・どうなんだろう?と。
(当日券の日。私、そのコージサリエリをどうしても間近でもう一回見たくて上手見切り席を選んだんです)

い、、いかんっ。めったやたらと返コメが長くなるー。
そろそろ。。
記憶の彼方に去ってしまう前に。
インディゴとルージュ。感じたことのまとめだけはそろそろ書いておきたいなあ、、と思っています。
(きっとまとまらないんですけど、、ね/滝汗)

管理者のみに表示