08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

アフタートーク 第2夜 その1

2013/02/15
カテコ2回目。
劇場スタオベの中耕史くん。
「すぐ戻ってきますから待っててくださいね~!」
そこにジョージさんが
「え?立ったまま?」
「あ、、いや立ちたい人は立ったままで…!?」

とかなんとか、、笑いながらおや、ふ~ん。
アッキーとコージくんいっしょに下手に退場。
秋元さんが上手に退場して最後に投げキッス!

だったんですが。


耕史くん、アッキー、秋元さんが、本日のアフタートークメンバーでございます。


以下、ほとんど覚えておりませんトーク内容。
2階席でもね、なんだかとっても楽しいオーラ満載が伝わって、
こちらも楽しくなっちゃって一緒に笑ってたら…内容あんまり覚えてないんだ。

すべて私のかってな解釈とセリフです。その辺りご容赦くださいませ。
出演者退場から程なくして。
ステージ中央に椅子が3つ。
そして、回転するステージの階段にポツンっとサイコロ(ですよね?)

カテコからほどなくして、衣裳のまま、サリエリ、コンスタンツェ、モーツァルトが登場。
各々何やら紙を持ってます。(進行表??)

コージモーツァルトが「座りましょうか」
で、3人着席した後は、、、
一応年配者な山本さんが進行を引き受けるような形で進みました。

まず、山本さん(以下青)
「今日がインディゴバージョン2回公演初めてでした。お二人はいかがでしたか?」
中川さん(以下赤)
「とにかくモーツァルトのエネルギー消費が半端なくすごいことは分かっていて、だからサリエリもそれに合わせた形でエネルギーを出さないといけないと思っていた。そう心がけてやってきたけれど…」
「モーツァルトは発散する形でエネルギーを物凄く消耗するけれどサリエリはある意味精神的に消耗するよね。内に籠もるというかなんというか。それがとても疲れる」
「そう、だからラストにみんなで登場する場面は演出者のオーダーで『ここは各自自分(俳優・音楽家)に戻って登場して』と言われてすごく嬉しかった。サリエリとして出なくていいから開放感~~~~!!っと」ジェスチャー付き。とにかくアッキー明るい(笑)

 なるほど、元気に登場したわけだ。アッキーになってたんですね。あそこは完全に(笑)

秋元さんはどうですか。こう、二人を相手に演じていて。
秋元さん(以下ピンク)
「お二人に毎回キスしてもらえるし(笑)AKBでは歌っていますけれど一人でこうして歌わせてもらえることはあまりないので、すごく幸せ(嬉しいだったかなー?)。」

「耕史さんはどうでしたか?2回連続」
「え?俺?…とにかくキーが高い!!!高すぎ!!!」
「確かに。。」
「アッキーには丁度いいでしょ。」
「いや、僕にも高いですよ」
「耕史さん、歌の練習始めの頃からアッキーには丁度いいっていってくれてたけど、僕にも高い。なんでもフランス版の役者の人に合わせていったらどんどん高くなったとか。。。」
「ほんとに!?普通のミュージカルの1音から2音平気で高いよね」

それから(その前かも)例のサイコロを振ってみてます。
まず秋元さんにコージくんが渡し、出た質問は「自分以外できてみたい衣裳はなに?」
これが、、
ぜんっぜん、、覚えてません(爆)
なんかね。
3人で楽しそうに話してて、一緒に笑ってたんだけど。。
えーと。コージ君がいきなり「マトリョーシカ」がどーしたこーした??
なんだっけー。。鳥頭でごめんなさい。

次にもう一回転がしていいと袖からお達しあったらしく中川さんがもう一回転がしてと言ったら
コージ君。いきなりクルクルクル~~と手元で回して放り出し(笑)
出た質問が「ライバルはだれ?」

この質問に秋元さん
「もおー。変な回し方するからですよー。私この質問一番嫌だったー!」(あ、またきっぱりはっきり娘さん~♪)
「ライバルは?AKBの?」(アッキー突っ込む!?)
「いや、AKB、、、ごにょごにょ、、、やっぱりアロイジアですね。おねえちゃん」
「役柄でも土のしたで(これ笑った。土の下じゃあのぉ。。ご臨終…)戦ってますし。でもその歌唱力もあんな風に歌えるようになれたら、、と憧れます。」

今回、秋元さんには最初とても偏見があって、、AKBというアイドルグループだから、、こういうミュージカルに起用されて本当にその中できちんと演じられるのかな?と。だけどこれは謝ります。彼女本当に頑張っていて、ちゃんと対等に歌うし(歌唱指導もボイストレーニングも受けて来たそうですね)、そしてそこにおそらくAKBとしての強み?舞台に立つことに慣れている、というのか、プレビュー初日から物怖じしない堂々とした姿を見せてくれていました。頑張ってるなあ~って、、素直に拍手です。

で、こういうアッキーと秋元さんの会話の間、コージくんはただただニコニコしながらそれぞれの顔をまっすぐ見て聞いている。そのいつもの聞き役の姿にまた、な~んかいいなあ~~と思う2階席の1ファン(あはは)

さてそしてライバルはだれ?の本命(笑)

先に答えさせられたのは(笑)耕史くん。。だけどなんか長くなったから続く!
スポンサーサイト
01:38 ***ロックオペラ モーツァルト 2013 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示