07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

アクターとミュージシャンというのかな。

2013/02/06
モーツァルトとサリエリ。

この二つの役に、二人の人間が立ち向かう。


少し前に女性自身でアッキーの記事を読み、改めて感じたこと。
(手元に雑誌はないので、、ごめんなさい立ち読み(汗)、、内容はうろ覚え)


その中でアッキーさんは音楽家としていつかミュージカルを作ってみたい、と話されていて。
もしかしてファンさんたちには当たり前のことかもしれないけど、私はとても新鮮だった。

そしてなんかすごーく納得してしまった。
そうか。音楽家として、か。
ああ、彼の軸足は音楽の人、なんだなあ、と。
いや、全然といっていいほど彼を知らない私ですけど。

だから面白いなあ、と思ったのですね。

山本さんがこれまでに作り上げた2作品は、ストレートに役者からのアプローチで作り上げている舞台。
そしてきっとこれからも同じ。
自分ならこうするな、というところをやってみたい。
よくおっしゃる言葉。その時の彼の軸足はやっぱり役者として、ですよね。

そう思うと。

今回の舞台。
きっと全く違う方向から、二人の主役が二つの役柄に挑んでいる。

どんな表現になるんだろう。
どんな作品になるんだろう。

楽しみです。
すごく。


で、怖いです。とっても。
この気持ちからも逃れられないみたい。。。(^^;)

何しろ歌の音域は完全に山本さんには挑戦する音域のようですし、
でもアッキーは同じ曲なのに「案外低い」っておっしゃってるくらい正反対。
歌い方だって全く違うし、伸びのある歌声はやはりアッキーさん流石!!!ですし。


でもね。この怖い、はね。
いい方向に、も沢山あるんですけどね。
もうここまできたらウダウダ言わずに首を洗って待ってなくちゃいかん!
(→私が首洗っても仕方ないっ)


今回はいろんな意味でいつも以上に緊張するのです。ハイ。


声の調子が万全でありますように・・・(祈)
スポンサーサイト
22:55 ***ロックオペラ モーツァルト 2013 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示