05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

薄桜記の記事たくさん~!(23時20分追記)

2012/06/29
シネマトゥデイの初回完成試写会での記事

夕方教えていただいて、PCの前に座るのをウズウズしつつ我慢しつつ、
19時30分からの陽炎の辻正月スペシャルをしっかり観て(^^)
(役名。。あんなに大きく出てましたっけ???ってところが妙に気になったなぁ。。)

放送後にはやっぱり「薄桜記」の予告。
これは先日の「陽だまりの樹」の時と同じものだったけれど、
磐音さんから典膳様へ。
続けてみると、はっきりわかる。
うん。違う。全然違う。
声のトーンは意識して変えているんだろうけれど、、
中の人はおんなじだけど違うなあ~と、なんか不思議な気分になったりして。


さてさて、試写会の記事を読んでみましたら。

えーっと。ポスターほしい!(そこか!?)

いやいや(^^;)



隻腕の剣客というのは、殺陣のキメの場面もとても大変だ、とは+actの記者さんの言葉でしたっけ?

あちらこちらで、山本さんも、今回の殺陣は大変だとお話されていたけれど、
それにしても、佐野エグゼクティブプロデューサー氏の言葉が嬉しい。
「今、一番殺陣が巧いなぁとほれぼれする」
と。

昨日は毎日新聞にインタビュー記事も載ったんですね。
私は知らなくて手にしなかったけど、ネットで記事を読んだら
「殺陣巧者」の文字。

ああ、嬉しい。
そして、時代劇の盛況な時代から今の状況までを知っている若手俳優ということでも、
この人は貴重な人なんだろうなぁ、、なんてことまで思ってしまった。
一時、映像は時代劇だけでいいか、とも思ったとか、
今の激減ぶりを信じられないと嘆いている、とか、
本当に、時代劇ファンとしても、彼に惚れてよかった~とか思っちゃったです。


その巧みな人でも大変だった隻腕の武士。
納刀を工夫しつつ手元を見ないで自然にできるようになるまで練習したってところにまた、
なにげに努力の人の片鱗を垣間見てみたりして、

本当に今。
すごく期待して楽しみにしていたりいたします。BS時代劇「薄桜記」


っとWeb毎日jp記事読んでたら、おや。今日の試写会記事もUPされてます。
うわぁ、写真もたくさんだぁ~~~!


***追記***

映画COM
オリコン

こちら2つに脚本のジェームス三木さんの言葉
「視聴者は受け身ではないという信念があるので、あまり解説や説明をしていない。スタジオや撮影所で作品が完成するのではなく、見ている人の心で完成する」
「俳優のまばたき一つ、歩き方一つで伝わるはずなので、細かくセリフで書く必要ないと思った」

すごい。
役者への期待と信頼がなくては言えない言葉。
そして絶対にその望みに答える役者だ。彼は。
そう信じる。

ああ、でもこれは今一番望んでいる描かれ方。
どうしよう。

自分のなかの期待値が大きくなりすぎている気がして・・・怖い・・・。


***追記終わり

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
22:06 ***NHKBS時代劇 薄桜記 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »