10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

昨年2月以来の、シアターオーブに行ってきました。

2014/04/09
蒼の乱、を、見に。

んで。

オーシャンズ11のことはなにかあるかな?と
ちらりっとキョロキョロしてみたけれど、取り敢えずまだ何もなし(^^;)

ま、そーだろーなーとは思ったんだけど、ね。HPも動かないみたいですし。
いつになるんでしょうね。モロモロ。。。

ま、動き出されるのも怖い気もしてます。(だってほら、、取れるかなあ。。ってモンダイが…/^^;)


劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎「蒼の乱」
素直に面白かったです。
天海祐希さんの生歌、初めて聞けた~。
ってか、舞台生えのする女優さんの迫力ってのを改めて観せていただくことができました。
早乙女太一さんは、、くるくる舞う舞う!!殺陣!!素敵っすねー。
うん。わかる。これは望む。
「山本耕史&早乙女太一で圧巻の殺陣」ってーのを舞台上で見せてもらいたいっ!!!
本気で思います。

そんな中で、松ケンさんが以外にもメリハリあって面白くて、やっぱりきっちり演技する俳優さんなんだなあ~なんて思って。。でも設定も設定なものだから、実は、ちらりと「清盛」が重なりまして。


とたんに頼長様いないなあ~と思っちゃった。
いてもいいのになあ~。公家さんで。ほら似合うし!
頼長様がちょっと懐かしくなりました。。



とだけ。
ここではコージくん関連のみ書いておきましょう(なんつーゴーインさっ!//笑)
スポンサーサイト
00:02 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)

朗読 『宮沢賢治が伝えること』

2012/05/14
12年05月14日1
28日、耕史さんで行く舞台の、本日昼の部を突然見てきました。

本日の出演者は、広末涼子×中川晃教×段田安則

今日を選んだ理由は、
とても会いたい友人がきっとこの舞台を見に来ること。
そして、彼女のずっと追いかけている中川晃教さんを見てみたかったこと。


そんなちょっと不思議(笑)な理由で
でも、行ってきて良かったと思います。





以下ネタバレあり。
>>続きを読む・・・
22:27 舞台 | コメント(0) | トラックバック(0)

舞台 キサラギ 東京楽日。

2010/09/30
舞台「キサラギ」

日比谷シアタークリエにて。
上手 後ろの方~~~にて観劇。

松岡充さん主演ってことで、いつだったかDMが入り、あ、浅利陽介君も出るんだ~と思って心の片隅でチェック。
そして。
GODSPELLのFCチケット申込みに悩んでるときに、頭が沸騰してしまい、思わずポチッとしてしまった舞台です。

廻りはもう、何度も観に来てる人たちなんだろうなあ~~
な、雰囲気の中。
初見でわかんなかったらどうしましょ?って思いましたが心配無用!でした。

丁度1年前に突然自殺してしまったアイドル如月ミキ。
彼女の一周忌に集まった5人の男達。

家元(松岡充)
スネーク(浅利陽介)
安男(碓井将大)
いちご娘(中山祐一郎)
オダ・ユージ(今村ねずみ)

家元がつくるHP(掲示板?)に書き込んでいた人々。
楽しく悲しく如月ミキの追悼をするはずが…。
気付けばせりふの端々に散りばめられたキーワードを繋げて、
彼女の死の謎解きしていくお話。
そしてそれぞれの個人的な立場も謎解きされていきまして。。

その解かれていく会話運びが。。


長くなっちゃったから折りたたみ~。
>>続きを読む・・・
21:47 舞台 | コメント(10) | トラックバック(0)

ミュージカル「ザ・ミュージックマン」(14日・写真&追記でひとりごと)

2010/05/13
新国立劇場

記事・・・まだ増えるか!!!(by ふでさん!)

いやだからねー。
今日はいろいろありまして・・・。重なりすぎだよ人生は~~~♪(莫迦)

ひょっこりと、ミュージカルを観て来ました。
実は、昨夏の「ドリアン・グレイの肖像」の時にフライヤーが入っていた作品。
主役の彼に興味がありまして、どんなだろうな?と。。。

西川貴教さん主演。
ブロードウェイミュージカル「ザ・ミュージックマン」
感想は本館にちろっと書いたからここでは言わないけど。
(こっちに書くつもりも初めはなかったんだけど・・・)

子役の子が、ね。
とっても見事だったんです。

歌声もとても綺麗。ダンスも見事。
特にタップダンスを1人で演じる場面があったけど、あれは上手だった。
習ってるのかな?

で、そんな姿を観ていたら、ふっと、ね。

ああ、耕史くんもこうやって舞台に立っていたんだなー、なんて思っちゃいまして。
大人の中に立って自分の役を理解してこなす。
どうしたらこんな子が出来るんだ?
いつか、レ・ミゼも観にいこう!

ついついこっちに思いを馳せる場面があるっていいことなのか悪いことなのか。。
それだけ、気持ちに余裕があったのかな。
素直に楽しんで観て、帰ってくる。
これはこれで、とても幸せな事だなあ・・・と思います。

それにしても。
舞台セットがすっごく豪華で!
人も沢山一杯出ていて!
違う・・・。
あまりにも違う世界・・・・(笑)。

シンプルなセットと演出のスズカツさんっていうのを、実感できた舞台でもありました。
(映像の使い方がまた、いいなあ。スズカツさんは。)


耕史くんが、こういう沢山の人の中に立つ姿。
改めてまた見たいな~って思ったけれど、そうでした!
来年2月。「テンペスト」では観られるんだね。きっと。。。

>>続きを読む・・・
23:21 舞台 | コメント(2) | トラックバック(0)

観劇勉強の日~って訳でもないけれど。

2009/11/24
今日はまた三軒茶屋の世田谷パブリックシアターに行って来ました。

あの、ね。
「ドリアン・グレイの肖像」で通ったときフライヤーをいただいた一作。
「バンデラスと憂鬱な珈琲」を観にいったのです。
正規?な座席は取れず、追加追加で発売されたチケットに滑り込み。
本日マチネ。補助席。1F最後列の更に後ろに用意された腰高椅子。
中央より少し下手の席でしたが、
案外前の方たちの頭も気にならず(座高が高くなれたから/^^)
全体を見渡せていい場所でした。
そして、最初から最後まで笑ってきました。

耕史さんから派生した観劇第一作目?(w)
ドリアンしか観たことがないので、他のお芝居も行きたかったの。
いろんな人の舞台を感じてみたくなってるのです。
なんか、演劇の勉強もかねて?よく判らないけど。。
耕史さんの望みを自然に地で行ってますです。ハイ・・・(爆)


で。
今日はまったく緊張もせず、のんびり出かけられて帰りも足元ふらふらにはなりませんでした!
あの、ね。思ったのね。

楽しかった。
笑った笑った。
一人だっていうのに爆笑しちゃう場面もあった。

でも、なんかね。印象が
「映画」を観ているような感じ。
映像との組み合わせ方がおもしろいんだけど、
でもとても自然に組み合わされていたから、かなあ?
それとも、とにかく「笑い」が目標の舞台だったから、かなあ?

ドリアンの時思った、「2Fからも観てみたい」とか「ヘンリー卿の印象の恐ろしい変化」とか「バジルの苦悩と伝わらない思い」とか、、なんていうか更に今度はそこを観よう!と、耕史@ドリアン抜きでも思ったそんな各共演者の方々の迫力?
それが、なかった・・・ような?

ひたすら笑って気付いたらカテコは3回したけれど「本日おしまい!」はいはい、って感じで席を立ってる自分がいました。

なに?
このあっさりとした見方。。

山本耕史がいないから?
でも、「笑」を取ることが一番大変だって。
演じる方々はおっしゃいますよね?
これじゃ申し訳・・ない?

満足はしたんだけれど物足りない・・そんな気分で、帰宅しました。

おもしろいのは確かなの。
最初からほんとに笑えるの。それも声を出して!


こんな舞台、耕史さんが演じたらどんな印象持つのかなあ。

・・・そう思ってしまうこと自体が、私にフィルターかかっちゃってるのかなあ。
それは、それで複雑だなあ。。。

・・・・・
ちょっと帰宅後も考えていて・・・・

そして、その答えが今日発売の「月間TVナビ」にありました。


長くなったから続くー(なにが?/^^;)

21:00 舞台 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |