03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

髑髏城の七人・花 2回目

2017/04/17
IHIステージアラウンド東京
13:00開演
下手Dブロックふた桁番台の列


行って来ました。2回目の髑髏城。
今回は友人が取ってくれたチケット。
前回よりも前方の席で、これだけで随分と見えるものが増えるなぁ、と実感しました。

で、さて。
何となく前回は3D映画を観ているような感覚もあったまわる座席。
スクリーンの効果は今回の方がずっと感じて、上昇するときとか下降するときとか、ちょい声がでそうになり慌てて我慢(笑)
やっぱり、どこかアトラクション的な楽しみ方は抜けないままでした。


今回も基本的に俯瞰で。
ちょこっとピンポイントで。
観てきた2度目でした。


捨之介さんは安定してかっこよく
沙霧は軽やかで元気だし
天魔王は迫力と気持ち悪さ(褒めてます!)と変な言い方だけどきめ細かさ?がなんかとても目を引くし
極楽太夫は…美しいし男前だしでも心根がとても「女」でそしてたくましい。
狸穴二郎衞門は今回初めて分かりましたが、いやはや(前回は結構いいヤツじゃん?と思ったけど)やっぱり家康だぁ~!ずるいわあなた!ほんっとズルい~(繰り返しますが褒めてます。ただ、若干 丸脳 が入ってますので、、以下略/逃)
そして贋鉄斎さんは、、不動の中心!もう出てきた途端に会場の空気を変えてかっさらわれる!(凄いですね。分かってたけどほんと、すごい、古田新太さん!!)

そして蘭兵衞さん

やっぱり一幕ラストは涙を誘われます。
あの背中が語る覚悟と、そして隠されている孤独感?(生き残ってしまったというあの?)
そして幕間を挟んだ2幕での彼は。

もうなんだかんだいっても、
こういう役をやらせたら天下一品!山本耕史!
どっしりと地に足のついた山本蘭兵衞は最後まで不器用で哀しくて美しく、そして冷たく在りました。


な、なかで。
今回の私の密かな望みはとにかく蘭兵衞さんの抜刀と納刀を見るってこと。
しっかりオペラグラスを握って観てたのですが…

うーん。。。
殺陣は、、オペラグラス無理!
そもそもが観たいものに照準合わすのが下手なのに、更に蘭兵衞さん動く!
右に左に上に下に…まぁ素晴らしく早く動かれる。
とても無理なので途中で諦め、、(刀を抜く時や納めるとき、それはわかるけどグラス越しに見つけた時は既に立ち合っていらっしゃる~(^^;)))

刀を振り抜く先に命が絶たれることがわかり、太刀の重さの分かる殺陣。
太刀さばきの鋭さは人一倍で、舞うように綺麗で、そして残酷。
天魔王も残酷なんだけど、そういうことじゃない。
上手く言えないんだけど、、

透明な残酷さ?
冷酷、、でもないんだなぁ

わかりません…(^^;


そんなこんなで、結局まだまだ沢山見逃しているところがあるんだろうなぁ~な、友人との観劇日でした。


スポンサーサイト
21:38 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(6) | トラックバック(0)

書き忘れていたこと一言@髑髏城1回目

2017/04/06
私の髑髏城初日の、蘭兵衞さまの殺陣

後方で観てるので細かいことは全くわからない…見えないんだけど
だから、その抜刀や納刀のこととか
風の効果とか
妖艶さとか華麗さとか、
どこか一枚幕が間にあるような、そんな感じで観ていたんだけど

そんな状態の中で。

彼が刀を抜き、
人を斬るたびに

胸が苦しくいたくなった
2幕は特に辛かった

その一振りが確実にひとつの命を絶つ
そういう剣であることの怖さ、切なさが心を占めていた。

ずっと、そこだけは変わらなかった


こんな感情は捨之介さんや他の方々には全くなかったんだけど、ね。

唯一。
蘭兵衞さまのみ。
>>続きを読む・・・
23:42 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(2) | トラックバック(0)

劇団☆新感線 髑髏城の七人・花

2017/04/02


14:00開演
Cブロック センター(マグチケ)


私の初日
行って来ました。回る劇場!
で、まずは観劇の感想から

とりあえず、昨年WOWOWで放送された、前回の小栗旬さん主演の髑髏城を観てありました。
ので。
流れは一応知っていました。
山本さん@無界屋蘭兵衞の役どころも。

映像でみたこの作品はとても面白かったから、それを演出が変わった「生」でみたらどんな感じかな?と思って出掛けて。

そして。

俯瞰で観られる座席(物は言い様~)であったので、表情は全く見えないんだけれど、全体の動きはよくわかる。
回る客席と合わせて変わるスクリーン映像と展開される舞台の景色。

面白かったです。
というか、とても、目まぐるしかった。

日頃、とかく主役や主要人物に気持ちを寄せて観るクセのある私は、始め、流れにおいてけぼりになってちょっと追い付けなくて戸惑ったりもしたのですが、
途中から、スパッと見方を変えてみたら。

本当にエンターテインメントで
その時々の場面をそのまんま楽しんで、

念願だった山本さんの流れるような殺陣も沢山みられて。

楽しかった。

蘭兵衞さんの最期にはかなり色々思って辛くもあり他にも何だかんだ感じたんですけど…考え込んじゃそのあと着いていかれなくて、ね。

スパッと。はい。。。

そんな中で唯一、ね。
心がぐらり、と揺れたのは。

一幕の最後。
その蘭兵衞の姿、です。
物言わぬ後ろ姿。

そこは、揺れました。揺さぶられて目がうるみました。


まだ上演二日。
ちょっとことばが聞き取りにくい場面もあったり、音響が響きすぎ?なところも荒いな、と感じる場面も(^^;
でも、これから長い公演できっといろいろまた変わりますよね?

映像と回転と人の動き。
なるほどなぁ、上手いなぁ、と思うところも沢山あって、もう少しよゆうをもって観られるようになったら、また楽しい世界に気付けそう、でもあります。


うん。
初日の感想はこんな感じ、になりました。

以下、この建物に行き着くまでとか設備とかに関するあれこれ(覚書的な?)
>>続きを読む・・・
21:38 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

帰宅ー

2017/04/02
なるほど。
基本的に「楽しむ」作品なんだな。

うん。

そして、豊洲はなかなか、、遠いけど
乗り換え減らせば怖くない、、かな(笑)


ゆりかもめは酔うから気を付けよう( ノД`)…が、一番大事!←えっ?
19:42 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

なるほど迷わない

2017/04/02


市場前駅からしっかり建物が見えますね。
そして、周りがとってもスッキリしてるのもよくわかる~(笑)
13:34 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »