05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ヘッドハンター 第8話(最終話)

2018/06/06
山本さんゲスト出演ときいて初めて知ったドラマ
主演が江口洋介@あんちゃんだったんですね。
前回の7話をみて、始めから見てれば良かったな、と思ったです。

で。
最終話でヘッドハンティングされるのが文也…じゃなくて財務省の川瀬次雄さん。
なんてーか、ここでこんな題材扱っちゃうのね?な、おもいっきり生々しく現実的なお話。

データ改竄している姿なんて…なんだかいろんな意味で複雑でたまんなかったわ。
息苦しくなったし。。

そして。
ふたりが会話している場面がどーもあんちゃんと文也くんに見えてしまうのも困った(笑)

ふ…じゃなくて川瀬さんの容姿について話題になってましたけど、
お話みたら、
うん。
それは分かる、
けど。

川瀬さんならこれがOKじゃないかや?

ともおもった。
街(町、ではないよね?どーだろ?)を作りたいと思い公務員試験2種を受けた事務方の役人さん。
とても律儀にきっちりと、「ノンキャリア」という言葉を否定して「専門職」とはっきりと主張する自らのプライドも含めて、仕事をこなし家族を守って生きてきた男。
ならば。
(ま、ちとピチピチなスーツはさすがになぁ困ったなぁ、でしたが)
あの髪型はあり、だな、と。


話し方や動き方までなんかきっちりかっちり不器用な人で、ぱっとしなくて、でも生き方がとても誠実なんだろうととても分かる、人。

あーだから。
だから時として頼りなくみえてあんちゃんと文也だったんだー?いま気が付きました。


ひさしぷりの江口さんとおふたりの共演。
面白かった!
そして現代ドラマで好きな一作になりそうです。

放送忘れてたテイタラクだけど
リピ確定な最終話です。
(始めから見てればよかったな~←しつこいっ)
スポンサーサイト
12:41 山本耕史*TV・ラジオ | コメント(0) | トラックバック(0)

植木等とのぼせもん。

2017/09/02
オンタイムで視聴できて。

あら、30分番組なのね?と初めて知り、
そして。

あっという間だったなぁ~と、思う。


わたし、植木等さんはもちろん存じ上げておりますが、
ブレイク(?)してるスーダラ節などの時代はタイムリーには知らない年代なもので、
歌声の論争は????だったんですけど。。


とっても素直に
面白かった。

です。


うん。
なんか山本さんへのイメージがまた変わったかもしれない。

来週が楽しみになりました。
>>続きを読む・・・
21:00 山本耕史*TV・ラジオ | コメント(0) | トラックバック(0)

アナザースカイ

2017/01/14
昨夜のアナザースカイ

今日、某所TLはたくさんの想いが溢れてました


そんな「想い」に同感しつつ
私が今回感じたこと


彼は本当にがっしりと、どっしりと地に足をつけたんだな


NYで、今田さんの前で、
話していた姿から
そんなことをみて、感じていました。

どんっ!と飛んで来ることばの重さがあった。

今まで生きてきたことを見据えて
そしてまた
家族を持ったこと
ひとり、増えたこと
大きな変化であるのですね


益々これからの彼が楽しみです。
>>続きを読む・・・
15:12 山本耕史*TV・ラジオ | コメント(0) | トラックバック(0)

スケジュール

2016/04/14
来週18日のスマスマにご出演とTwitterで教えてもらって昨日録画予約。

いま、久しぶりに(←こら!)マグさん行って、スケジュール更新されてるのを確認したんですけど。

その、スケジュールページのバックデザイン(これも壁紙っていうの?)がふと目に入ったら。


L5Y観たくなった~
ジェイミーに会いたくなった~

スマホから見ていて突然の発作でございました(笑)
17:38 山本耕史*TV・ラジオ | コメント(2) | トラックバック(0)

かげろう絵図

2016/04/09
昨夜、でしたね。
珍しく録画視聴ではなく、オンタイムできっちりと観ることができました。

邪魔も入らずに(笑)

予想以上に新之助さまの登場は多くて
それは良かったな、って思います。
(ってか、原作だとほぼ主役?なんだけどさ)
何よりも。

本当に久しぶりに刀を扱うシーンが観られて、もちろん、その刀さばきに魅了されたんですけれど、また更に。

納戸に仕舞いこんでいた自らの刀を再び手にする場面。
あそこが私にとっては今回の「一番」かもしれないな~なんて思っています。

覚悟、が見えて。
物を言わず、ただそのしぐさだけで。

殺陣シーンもこのところ見慣れていたネチケさんの殺陣とは少し違っていて。
それもまたとても新鮮でした。

一太刀でね、
相手を、ね、
斬り伏せていくっていうのは、ね、
あんまり彼の殺陣で観たことなかったな~なんて。
そして、舞う、というよりはどっしりとした落ち着きのある殺陣であったのもまた、新鮮でしたし見応えがありました。

作品としては、ね。
ちょっと飛ばしすぎで初見の人には分からない部分もあったんじゃないかな?と思うし、
まぁ、今回は主役が縫@米倉涼子さんですから「もしかしたら?」とは予感はしてましたけど、ラストのまさかの縫復活!?!?には、一気に私のテンショ…ゲホゲホ………以下略

でしたけど、、、

でも。
あの上下巻の登場人物多数な作品を、それなりに上手くコンパクトに纏めて作り上げたな、と、思います。


エンターテイメントとして、純粋に楽しむ。そういう作品でした、ね。
>>続きを読む・・・
17:37 山本耕史*TV・ラジオ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »