06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

to K・・・・・

2011/02/09
カテゴリー迷った。
でも。

これはやぱりTeam GODSPELLだしな~ってことで。


明星さんブログ(2/7)と、桜井さんブログ
遅ればせながら読んで・・・・・・なんかほんとにほんとに。。


あったかい・・・・・(感涙)


ACTシアターの1階席は入り口から階段を下りないといけない。
その下り口に。
このお花があるんだよ。。


華やかなお花の山の中で、まっさきに目に飛び込んだ・・・初日。


そうか。
12人の様々な個性が集まってひとつになった・・・・・花束。
明星隊長さま。ありがとうございました。。


今度は、そう思ってもう1回じっと眺めてこよう!と思います。


ああ~~。

いいなあ。
ほんと。。

愛 だよ。

愛!


あったかい。。。。。
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
22:20 *** GODSPELL(Team YAMAMOTO) 2010 | コメント(2) | トラックバック(0)

抜け出せるのは?

2011/02/01
いつだろう。


明星さんブログ(2011/1/31)を読みつつ思う。


あー、まだジーザス書いてないなあ。
結局書かないままテンペスト?


実は。
頭がちっともテンペストにならない。
友人を誘った日やら、
母を誘った日やらあるくせに。

番宣、あんなに観ているくせに。


心は未だに12月。
そして密かに磐音さん。


冷や水を頭からぶっかけられる。
みょうせいさんのような日は私にくるのかなあ。
(重さも意味も雲泥の差で比べるのはおこがましいのだが・・・・)

いい意味でジーザスに決別して前を向く日。
浅倉さまがそうなるのか。
それとも?


GODSPELL総括。
テンペスト初日までにUPできるといいんだけれど。。
でももう。
こころに秘めるだけでもいいのかな、とも思ったりして、ね。
(あ、そういう意味では、随分と落ち着いてきたんだ。
 興奮状態だと書かずにはいられないっていう私だから。)


吹っ切るまでに時間がかかって、とっても不器用。

>>続きを読む・・・
22:55 *** GODSPELL(Team YAMAMOTO) 2010 | コメント(2) | トラックバック(0)

手にする?しない?・・・・・。

2011/01/12
「アクチュール・ステージ」

そうですか。
GODSPELLも載りますか・・・。


うーん。。。
この雑誌は多分お初にお目にかかります状態で、
普段行く本屋さんには置いてないだろうし、、
実は他の記事で興味は持ってたけど、高いから注文は我慢~、、と思ってたのでした。


だからさあ。


どうしよぉ~。

明後日は磐音さん発売日だし、、、
使い込みしまくった心満タンな日々の翌月なので、辛い~~~(爆)



でも・・・・違うジーザスに再会できるなら・・・と悪魔のささやきが。。。



理性って、、なんですか???(^^;)
22:26 *** GODSPELL(Team YAMAMOTO) 2010 | コメント(2) | トラックバック(0)

ジーザス!!!

2011/01/05
おおおおお!!??
ゲネプロ写真がUPされている!!??

まだ、お休み中のはずなのに。。
スタッフさん感謝!

・・・とすみません。これはFC専用サイトのことですが。
(マグさんTOPに告知あるから、書いても大丈夫ってことですよね?)


ジーザス。
命の限りに気づきながら、その先を見詰めて生きた人。



会いたいなあ。
再演ももちろんだけど、今のキャストのままで近々追加公演とか。。しません?
なーんて、ね。
テンペストも動き出し、ご本人はすでに先に進んでいるんでしょうに、、
後ろばっかり見ていてごめんなさい。


まっすぐに前を見るその瞳に、いますごく会いたいです。


・・・・・半兵衛殿とはまた全く違う、ジーザスとして生きる彼。
23:14 *** GODSPELL(Team YAMAMOTO) 2010 | コメント(2) | トラックバック(0)

教会に行ってきた。

2011/01/03
ふと思い立って教会に行ってきた。
たしか、三が日は正面が開いていて、一般人でも入りやすい環境になっていたはずじゃ?と。。

記憶どおり、入りやすく正面扉を開放してある教会の大聖堂に足を踏み入れ。
その凛として荘厳な空間に身を置いてみて。
24日夜にチラリ・・と目に入ったキリスト像。
それを真正面からじっと見て。

なぜか、泣きそうになった。

舞台上の「彼」にかさなるその十字架の磔の像は。
同時に、
無邪気なジーザス。
一心にただ教えを説いて自らの運命のままに消えていった彼。
をも思い起こされ。


信者ではないし、ってか神社もお寺も行くけれど、教会はね。。
敷居も高すぎるし軽く触れた経験のあるこの宗教の教えに同意できない自分も自覚している訳で、
だから。
あれだけ通ったGODSPELLでも。
ラストで泣けたのはなつきのお陰だったし、それでも更にどこか、冷めた自分も自覚していた。

なのに。

教会の聖堂というところに身を置き、
祭壇上の十字架を見詰めた途端に泣きそうになる。


信じる、ということ。
神ということだけではなく、日々の生活の中でもそれぞれが。
何かを信じてそれを歪めることなく全うするということ。


それはどんなことであれ。
尊いことなんだろうな。


そんなことを不意に思って、十字架を拝しつつ無償に泣きたくなっていた。



いま。
もう1回12月の空間に身を置いたら。
また違う感覚を私は覚えることが出来るのだろうか。

確かにこの作品はキリスト教の作品だったのだなあ・・・・(今更・・・だね。)
>>続きを読む・・・
11:57 *** GODSPELL(Team YAMAMOTO) 2010 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »