04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

髑髏城の七人・花 4回目

2017/05/25


5月24日(水) IHIアラウンド東京
18:30開演 Dブロック下手

千秋楽落選~(;_;)と叫んだ私に、じゃ、代わりにここで行かない?と友人が声をかけてくれて。
今回、最初で最後のソワレ観劇でした。

そして。
先日読めた原作本とその後の友とのやり取りも含め、今回は今までで一番前のめり。いろいろなことを思い感じながら観ることができました。


以下、思い付くままとりとめなく。



捨之介が変わってる。
きちんと中心に立ち、存在感が半端ない。
言葉のひとつひとつも重味が増している。
見せ場で殊に感じたのは、くたくたのボロボロになりながら、見栄を切るラスト。
家康にこれ以上の無駄な血を流さないか?と問う場面。
そこがとても胸に刺さった。
これを根源に彼はここまで来たんだよね

あ、そういう意味では向かった先は真逆だけど天魔王もおんなじ、かな?
ん?でもてんまおさんは何て言うか最初から何も変わってないのか。天地人の時代から。

えっと。んで。その捨さんのブレなさから。
蘭さんの最期にかけることばに彼の気持ちを代弁してるように受け取れて、するり、と、納得していた。
「今度は迷わずにいけ」と声をかけた捨之介の言葉から、改めて蘭兵衛さんがどれだけ迷い苦しんでいたかが本当にわかった気がする。

無界屋蘭兵衛
森蘭丸
天を失ってからの8年間。
この2つの名前の間で揺れ続けもがき続けた心をやっと。

その捨之介のブレなさがあるから
蘭兵衛さんは逆に一人で天魔王に向かった…のかな、と、も。

らんべさん
夢見酒飲んだ後の行動は
つまりやはりだから。「自分の、意思」なのかな。
昨夜は自らの意思で全てを葬る、そんな気迫が2幕の間中ずっと感じられた。
友の、1幕での髑髏城防衛の甘さを語る部分も既に森蘭丸だっていう考えに衝撃を受けつつ、ああそうなんだと分かった気もする。

極楽太夫の名は「地獄に堕ちた男たちを極楽に救う意味」でふたりでつけた名。
だから自分が行く…、と言い切った太夫の気持ちもようやく私の中で納得してとても重いことばとして届いてきた。
そして。
捨之介には沙霧がいて、真っ直ぐな拳で夢見酒の毒から引き戻して貰えたけれど、蘭兵衛さんにとって極楽太夫はそういう存在ではなかったのね。。。
命を太夫の手で散らしたあとに、彼女が蘭さんを殴る。。その姿が、捨が言ったことばを思い出したらとても哀しかった。
彼女は蘭兵衛さんのそんな存在になりたかったんじゃないかな、と思うから。

んーでも。
このふたり。こうなることも覚悟してたんだろうともおもうんだよ。紗霧と捨之介の関係ほど若く幼くはないけど、でも下手したら手も触れない間柄ではなかったかいな?なんてのも確かに思うし。


今回の観劇は
本を読んで「花」では描かない部分や異なる設定も記憶に留めつつ、
そして、しっかりがっつり深く気持ちよくハマっている友たちの言葉もあったからか
一番この世界に入り込めて、やっとエンタメではない、演劇の世界に身をおいて楽しんだように思います。(友人さんたちに感謝~!!)
いや、今までだって楽しんだしそれで十分でもあるんですけど、ね。
でも、ね。
蘭兵衛さんの心の変化にどうにもついていかれない置いてけぼりな自分がいたので。
それがもどかしくて、それじゃあんまりにも満足できなくて、、、
。。。。。

これは…ファンのサガ、です(逃)


次回は今回を踏まえて。
蘭兵衛さんと蘭丸さんの殺陣、所作、立ち姿、ことば、声。
そして、その心の奥底。
みーんな全てを堪能できたらいいなぁ、と思ってます。
あと一回しか観られないことを
………足りないよぉ~と、、思いつつ⁉


昨夜から頭の中は蘭兵衛さん~

スポンサーサイト
20:22 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

小説「髑髏城の七人」 中島かずき著

2017/05/18



先日の3回目の観劇のとき。
行き合った友から思いがけず小説版の「髑髏城の七人」を頂きました。
小説が出ていることは2度目の観劇の時に一緒に行った友人に聞いていたのですが、、
そしたら、まさかまさか!
遠方から運んできてもらっちゃいました。

ありがとう~\(^^)/

で、帰りの電車の中から読み始めて。

以下ちろっと感想文~。



舞台を観る前でも観た後でも
どちらでも差し支えない作品。
ネタバレとかなんとかも、これなら大丈夫?なんじゃないかな。
ひとつの時代小説としても楽しめるし舞台の予習や復習、補完になる根っこの物語、かと。

いや面白かった。
今回の「花」とは違うけれども同じで、そしてそれぞれの人物の背景や心の動きはさすが文字で表すもの。流れが途切れず伝わって、舞台での疑問点が漸く納得できる部分もあったかな、と思います。

って主に蘭兵衛さんと極楽太夫のことなんですけど。ってか兵庫も、かな?
3回の観劇で必ず引っかかる所をこんな風に観ていったらもっと作品に入れるかな?という手掛かりをもらいました。

そう。ぶっちゃけるとこの3人の関係というか流れが私はちょっと苦手なんでした。
ひょうごくんがげんきすぎるところもじつはちょっと…

蘭兵衛さんの無界の里を作った意味とかその後の屈折、弱さ、天魔王への寝返りの奥底にあるもの、無界の里を壊す心と極楽太夫への想いなんかも読まなくても充分伝わるけれど、読むともっと理解ができそう。それは決して心地よいものではないけれど。

捨之介は舞台でも小説でもストレートに分かりやすい。そして小説での捨之介の過去の物語は、ただ何もかも捨てた世捨て人ではない、人を観る細やかさも伝えてくれる。


舞台は役者さんたちからその場で生の感情を直接受け取るもので、今回の「花」のキャストの皆さんのそれを、いつも精一杯受け取りたいと思ってる。
でも、特に今回はなかなか劇場そのものも変わっていてエンタメ性が強すぎて、ちょっと刺激的過ぎる部分もあるものですから、こうして一度「原点に戻る」というのかな?
活字から伝わる髑髏城の世界観を感じること。
これは私にはとても大事なことのような気がしました。

原点回帰、かな。
頭の回転年々遅くなってるのも一因、かも(笑)


中島さん、とても読みやすい文章で驚いたことも正直に記しておきます。ごめんなさい。脚本というだけで怖じ気づく私は(読むのがとても苦手というか、最後まで読めた試しがないのが脚本、戯曲の類いなので、それを書く人というだけで…)浅はかでしたm(__)m
ひとつの小説としても面白かったです。
14:49 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

髑髏城の七人・花 3回目

2017/05/14
IHIステージアラウンド東京
Aブロック ひと桁台

ほぼ一月ぶりの髑髏城。
こんなに期間をあけて同じ作品を観るのは初めて。
目に見える変化があるのかないのか?
そして今回は初めてそれぞれの皆さんの表情がちゃんと見える席。

ドキドキしつつ劇場に向かいました。


基本的に今回は蘭兵衛さんメイン
とにかくその殺陣、所在、表情をちゃんとこの目で観たいというのが目的←(笑)

殺陣は流れるように巧み。
でも不思議とその流れがはっきり見えて、重い。
遠くから観ていてもそうでしたけど、鮮やかで歯切れが良くて、確実に命を絶つ太刀筋。
そして。
笛(えーっと。嘆きの笛でしたっけ??)の仕込み刀での立ち合いが好きでした。
その時々で柄を掴む手もその掴み方も変えて、その都度見事な軌跡を描かせる。
いやもう!残像が見えるかと、、思っちゃいました。

堕ちていく姿、そのときの心の内。
そういう所はなかなか…その、ね。3度目ですが追いきれず理解できずモヤモヤした部分もあるのです。
でもその苦しそうな表情、覚悟の目や虚ろな視線。そんなものから伝わるものは格段に大きく。

この劇場でこの作品は。
とにかく前方で観るときと後方で観るときで全然違うんだな、と感じます。
願わくば…前方が舞台まで何もない場所で…観てみたかったですねぇ~( ̄∇ ̄*)ゞ

えーっと。
そうそう。ラストの七人が順番に去って行くところ。
そこでひとりひとりに拍手があったのは、、これは前は無かった、ような?
そしてカテコの3回目。
ひょうごがさぎりちゃんをおんぶして出てきたり、
蘭さんが太夫をエスコートしていたり、
おお!これを、いやいやこれも、見たかったのぉ~と喜んだら最後にとってもステキな姿。

蘭さんと太夫が肩を組んで下がるのを追うようにてんまおう。そこに加わりたいけど悪いかな?と手を伸ばしつつ遠慮して少し後ろを歩くのを蘭さんが気付いてがっしり引き寄せ(笑)気付いたらまみあなさんも一緒に4人で肩を組んで去っていかれました。
てんまおさん、かわいい~!
カテコはホントに皆さん楽しそう。

いい意味で解れながら
これからの後半戦を戦って欲しいなー、と思いました。

今日は遠征の友人と行き会えて。
思いがけず、この髑髏城の小説を頂いちゃいました。帰りの電車のなかで少し読んで、その読みやすさに驚いてます(失礼っ!)
これを読むとまた違うかも?と。でも全然違うお話でもあるそうで、次に行くまでに読んでみようと思います。
原作、とは違うけど文字で読む髑髏城。骨格、かな?
楽しみです。
22:24 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

コースを変えて

2017/05/14
回る劇場に向かってるー

ゆりかもめ乗らないコース
乗り換え不安だったけどよかった。
私にも分かるわ!(笑)
11:09 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)

ミュージカルが観たいなぁ

2017/05/03
で、カテゴリーこれ。

わが家のテレビが突然新しくなりまして
そしたら何やらかにやら出来る機能が増えてまして

下の子がゆーちゅーぶをスマホからテレビに映す、というか技を披露してくれ。
(私はおんなじスマホだけどワケわかんない)

…レミゼのね、
加藤清史郎くんがいるアカペラのやつ
観たんですよ


いやもう。
そしたら無性にどうしようもなく


歌う山本耕史が観たくてたまんなくなったよ
当面は12月を目指すってことだよね。
うん、予定はちゃんとある!
それはとっても嬉しい。

嬉しいんだが、いま、観たいなぁ
19:39 ***ブロードウェイミュージカル『メンフィス』 2015.1~2 | コメント(0) | トラックバック(0)

あ、わかった

2017/05/03


写真やり方判明。
なるほどね。

で?
リンクもどうも貼れるらしい。

確かに古いのよりはパソコンに準じた機能が分かりやすい、かも。


って自分のとこだってのに
なかなか覗きもしないダメ管理人だけど~
15:31 ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)

これでどうだろう?

2017/05/03
なんだか拙宅が規制されていて見られない、
と、昨日友人から連絡をもらって。
慌てて自分のとこ見てみたら、
でも、私は見られる…??

ただ、アプリのアップデートを怠っていたのは事実なので、いまやってみた。

そしたらなんだかよくわかんないんだけど、
取り敢えず出来たのか、な?

これでどうだろう?
iPhoneから見られるかなぁ


ところで。
なんだか編集画面が全く変わっちゃったけど
写真UPとかどーすりゃいいんだ?
文字に色をつけたり加工したりできるみたいだけど

まったくわからん!!
13:27 ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)

髑髏城の七人・花 2回目

2017/04/17
IHIステージアラウンド東京
13:00開演
下手Dブロックふた桁番台の列


行って来ました。2回目の髑髏城。
今回は友人が取ってくれたチケット。
前回よりも前方の席で、これだけで随分と見えるものが増えるなぁ、と実感しました。

で、さて。
何となく前回は3D映画を観ているような感覚もあったまわる座席。
スクリーンの効果は今回の方がずっと感じて、上昇するときとか下降するときとか、ちょい声がでそうになり慌てて我慢(笑)
やっぱり、どこかアトラクション的な楽しみ方は抜けないままでした。


今回も基本的に俯瞰で。
ちょこっとピンポイントで。
観てきた2度目でした。


捨之介さんは安定してかっこよく
沙霧は軽やかで元気だし
天魔王は迫力と気持ち悪さ(褒めてます!)と変な言い方だけどきめ細かさ?がなんかとても目を引くし
極楽太夫は…美しいし男前だしでも心根がとても「女」でそしてたくましい。
狸穴二郎衞門は今回初めて分かりましたが、いやはや(前回は結構いいヤツじゃん?と思ったけど)やっぱり家康だぁ~!ずるいわあなた!ほんっとズルい~(繰り返しますが褒めてます。ただ、若干 丸脳 が入ってますので、、以下略/逃)
そして贋鉄斎さんは、、不動の中心!もう出てきた途端に会場の空気を変えてかっさらわれる!(凄いですね。分かってたけどほんと、すごい、古田新太さん!!)

そして蘭兵衞さん

やっぱり一幕ラストは涙を誘われます。
あの背中が語る覚悟と、そして隠されている孤独感?(生き残ってしまったというあの?)
そして幕間を挟んだ2幕での彼は。

もうなんだかんだいっても、
こういう役をやらせたら天下一品!山本耕史!
どっしりと地に足のついた山本蘭兵衞は最後まで不器用で哀しくて美しく、そして冷たく在りました。


な、なかで。
今回の私の密かな望みはとにかく蘭兵衞さんの抜刀と納刀を見るってこと。
しっかりオペラグラスを握って観てたのですが…

うーん。。。
殺陣は、、オペラグラス無理!
そもそもが観たいものに照準合わすのが下手なのに、更に蘭兵衞さん動く!
右に左に上に下に…まぁ素晴らしく早く動かれる。
とても無理なので途中で諦め、、(刀を抜く時や納めるとき、それはわかるけどグラス越しに見つけた時は既に立ち合っていらっしゃる~(^^;)))

刀を振り抜く先に命が絶たれることがわかり、太刀の重さの分かる殺陣。
太刀さばきの鋭さは人一倍で、舞うように綺麗で、そして残酷。
天魔王も残酷なんだけど、そういうことじゃない。
上手く言えないんだけど、、

透明な残酷さ?
冷酷、、でもないんだなぁ

わかりません…(^^;


そんなこんなで、結局まだまだ沢山見逃しているところがあるんだろうなぁ~な、友人との観劇日でした。


21:38 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(6) | トラックバック(0)

書き忘れていたこと一言@髑髏城1回目

2017/04/06
私の髑髏城初日の、蘭兵衞さまの殺陣

後方で観てるので細かいことは全くわからない…見えないんだけど
だから、その抜刀や納刀のこととか
風の効果とか
妖艶さとか華麗さとか、
どこか一枚幕が間にあるような、そんな感じで観ていたんだけど

そんな状態の中で。

彼が刀を抜き、
人を斬るたびに

胸が苦しくいたくなった
2幕は特に辛かった

その一振りが確実にひとつの命を絶つ
そういう剣であることの怖さ、切なさが心を占めていた。

ずっと、そこだけは変わらなかった


こんな感情は捨之介さんや他の方々には全くなかったんだけど、ね。

唯一。
蘭兵衞さまのみ。
>>続きを読む・・・
23:42 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(2) | トラックバック(0)

劇団☆新感線 髑髏城の七人・花

2017/04/02


14:00開演
Cブロック センター(マグチケ)


私の初日
行って来ました。回る劇場!
で、まずは観劇の感想から

とりあえず、昨年WOWOWで放送された、前回の小栗旬さん主演の髑髏城を観てありました。
ので。
流れは一応知っていました。
山本さん@無界屋蘭兵衞の役どころも。

映像でみたこの作品はとても面白かったから、それを演出が変わった「生」でみたらどんな感じかな?と思って出掛けて。

そして。

俯瞰で観られる座席(物は言い様~)であったので、表情は全く見えないんだけれど、全体の動きはよくわかる。
回る客席と合わせて変わるスクリーン映像と展開される舞台の景色。

面白かったです。
というか、とても、目まぐるしかった。

日頃、とかく主役や主要人物に気持ちを寄せて観るクセのある私は、始め、流れにおいてけぼりになってちょっと追い付けなくて戸惑ったりもしたのですが、
途中から、スパッと見方を変えてみたら。

本当にエンターテインメントで
その時々の場面をそのまんま楽しんで、

念願だった山本さんの流れるような殺陣も沢山みられて。

楽しかった。

蘭兵衞さんの最期にはかなり色々思って辛くもあり他にも何だかんだ感じたんですけど…考え込んじゃそのあと着いていかれなくて、ね。

スパッと。はい。。。

そんな中で唯一、ね。
心がぐらり、と揺れたのは。

一幕の最後。
その蘭兵衞の姿、です。
物言わぬ後ろ姿。

そこは、揺れました。揺さぶられて目がうるみました。


まだ上演二日。
ちょっとことばが聞き取りにくい場面もあったり、音響が響きすぎ?なところも荒いな、と感じる場面も(^^;
でも、これから長い公演できっといろいろまた変わりますよね?

映像と回転と人の動き。
なるほどなぁ、上手いなぁ、と思うところも沢山あって、もう少しよゆうをもって観られるようになったら、また楽しい世界に気付けそう、でもあります。


うん。
初日の感想はこんな感じ、になりました。

以下、この建物に行き着くまでとか設備とかに関するあれこれ(覚書的な?)
>>続きを読む・・・
21:38 ***劇団新感線「髑髏城の7人」 2017.3~6月 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »